看護師辞めたいと思った時に実践してほしい事

看護師のボーナスはどのくらいなのか?|年何回支給が一般的?

看護関連

私は介護士を2年経験し現在看護師9年目として働きながら通信制の正看護師免許を取るために頑張っています。

介護士や看護師の勤務体制や不条理な待遇について少しでも改善できるよう皆さんに呼びかけていこうと思い、ブログを発信しています。

仕事が嫌になった時は、積極的に転職を勧める活動もしています。
1人で悩まずぜひツイッターや当サイトのお問い合わせ、もしくはコメント欄から相談を受け付けています!

看護師の転職についてはこちらのサイトを参照してください

 

疲れて看護師を辞めたくなった時に実践してほしい事
「今の職場は給料も低いし、やりがいを感じられない。いっそのこと転職をしたいんだけど、どうやって登録したらいいかわからない・・・」と思っている人は多いはずです。 皆さんが手軽にできる事といえば新聞の求人情報やハローワークなどで探...
今回の記事では「ボーナス」についての話題に触れていこうと思います。
世間では高給取りと思われている看護師ですが、実は夜勤をしないと稼げない職業とも言われています。
夜勤の手当の相場は1万円前後ですので回数が多いほどその分給料も上がりますが、身を削ってまで夜勤を行う事も良いとも言いきれません。
若いうちは夜勤の回数を増やして貯金に励むことも良い事ですが年齢を重ねるごとに夜勤後の回復に時間がかかるようになります^^;
もしよろしければこちらの記事も参考までにご覧ください!
その分、ボーナスに期待をしたりしますが、基本的にボーナスは基本給×その年度の倍率という計算方法をとっている場所が多いと思います。
実はボーナスって必ず出さないといけないという定めがないため、年度によって倍率が変わったり、景気が悪ければ出ないなんていう場所もあるようです。。
一般的に年に2~3回程度ボーナスが出る場所が多いですが、ボーナスが万が一発生しないとなれば大いにモチベ―ションも下がり、仕事を継続するか悩む問題にまで発展します。
それほど重要な役割を果たしているボーナスですが実はこのボーナスに隠されたカラクリがある事も知っておいて欲しいと思い記事を書くことにしました。

ボーナスは合って当たり前と思うのはやめよう

前述でもお話ししましたが、ボーナスという物は必ず支給しないといけないという風に決まっているわけではありません。

 

しかし、ボーナスの値が前年度や平均より大きく下回ったりしてしまうと、職員のモチベーションを大きく低下される原因になるために、毎年例年通りに支給するのが一般的となっております。

 

しかし、経営破綻や雲行きが怪しい企業は年々ボーナスの比率を下げたり前年度より大きく低下してしまう事業も少なくありません。

 

そのため初めから必ずボーナスは出るという考えを持ちながら働くのは辞めた方が良いという事になります。

 

ボーナスによって年収も大きく変わる。

年度によってボーナスの変動があるという事は、年収も大きく前後する要因となります。

 

月の給料が1万・2万変わるのとは訳が違います。

 

ボーナスの変動が毎年変わる方は、年度末に配られる源泉徴収をしっかりと確認しましょう。

 

勤務年数が長くなったからと言って確実に給料が上がっているとはいえません。

基本給が低くてボーナスの比率が凄く高い場所がある

これは正直言って罠かもしれません。

 

私が以前働いていた場所は、基本給がものすごく低くてボーナスの比率が5か月分(1回分2.5)を超える場所で働いていた過去があります。

 

しかし基本給が低いため年収に換算すると年収は全国平均値よりも低い事がわかりました。

 

ベースアップを期待して5年程働きましたが、毎年の昇給は0円の時もあれば500円程度の時もあり最大でも2000程しか上がりませんでした。

 

正直言ってボーナスが毎年支給され大きな変動がなかったから良かったものの、これが企業の情勢が変わったり、支給されなかったりしていたら大きな痛手でした。

 

結果的に5年というキリの良い年数で辞めて良かったと思っています。

看護師のボーナス回数は大体何回なのか?

基本的に年2回 もしくは3回で支給している事が多いです。

しかし、年3回あったとしてもボーナスの比率は2回とほとんど変わらない場所が多いです。

このメリットとしてはボーナスのスパンが短いため転職を検討するタイミングが多く儲けれることや、まとまったお金が手元に入ってくるタイミングが2回よりも短いため、単純に嬉しい思いになります。

 

しかし年収で計算してみるとそれほど2回の時と変わらないというのが多いカラクリとなっています。

 

看護師の平均ボーナス額はいくらなのか?

地域や企業によって基本給やそのほかの手当にも差があるために一概にはいえませんが、倍率とすれば3~5倍ぐらいで提供している場所が多いようです。

私が知っている限り正看護師での一回のボーナス額は約40万円前後

准看護師で約30万円前後となっている事が多かったです。

 

これはあくまでも目安ですが、きっと大手の病院とかじゃなければそこそこ同じぐらいの額だと思います。

 

月の給料が25万円×12カ月=300万円
ボーナス40万円×2回=80万円

 

このような例を出してみても年収は400万円には行かないのです。

ですので看護師は高給取りとはなかなかいいがたい職業だといえます。

 

ボーナスではないが、燃料手当が支給される地域もある。

特に雪国では、冬にストーブ等の暖房器具を使用することから「燃料手当」というものが支給される場所があります。

相場は5~20万円以下ぐらいだといえるでしょう。

 

ちなみに私の家ではオール電化として冬季生活しているため燃料代が電気となりものすごい金額がかかります。

 

北海道冬の光熱費は10万越え?節約対策として行うべきことは?
北海道の冬はとても寒く、光熱費の価格も都内と比べると桁違いとなります。 一般的に北海道は、全家庭にストーブというものを所持しており(オール電化は違うかも)エアコンだけでの生活は困難となります。 冬の間どのくらい光熱費がかかるかと...

 

このような金額であれば、燃料手当も1カ月や2か月でなくなってしまいますが、支給されるのは大変ありがたいことです。

 

しかしその反面、暖房手当が20万円もらったとしても先ほどの例に合わせて計算してもやっと年収400万円程度なのです。

 

手取り計算となると、税金など差し引かれ300万円あるかどうかの額になるかと思います。

 

ボーナスに期待しすぎないで年収をしっかり確認

 

これまでお話ししてきた中でボーナスが出ない事もあると言いましたが、よっぽどの事がない限りはボーナスの全カットはないかと思います。

職員の多くはこのボーナスを心待ちにして働いている人も多い訳なのでこの比率が下がってしまったり、なくなってしまうと仕事や生活に大きな支障が発生します。

 

利率が前後することがあったとしても、必ず最期に目に通すのは年収にしましょう。

 

ボーナスが高いからという理由だけで就職していても年収が低ければそのカラクリにひっかがっている人も多くいるのです。

そして意外と厳選徴収って何?数字が沢山並んでいるけど意味がわからないなー。という人も多くいるようです。

 

源泉徴収には今年度の支給額と税金等が引かれた額面が記載されています。

もし手元にない場合は会社に申告する事で再発行してもらう事もできます。

 

必ず自分の年収がいくらなのか確認するようにしていきましょう。

 

給料を多く貰っていても手取りが変わらない場合もある。

一般的に給料が高くても、その分税金を多額に払っているのです。

 

会社員は経費というものがほとんどないため、働いた分税金が引かれる仕組みになっています。 前年度沢山稼いだと思っても翌年には住民税が大きく差し引かれます。

 

そのためには、iDecoやふるさと納税、寄付金の申請などをうまく活用することで多少控除することも出来ますので知らない方は書店などで目を通すと良いでしょう。

年収が低かったら早いうちに転職も検討しましょう

 

私のように、ボーナスの比率が高いから1度に貰えるお金が大きい!とぬか喜びした所で年収が低ければ全然良いことではありません。

 

ボーナスの比率が高い事は良いのですが、必ず基本給や月々に貰える金額も計算し最期には年収をしっかりと確認しましょう。

 

何年も働いてもベースアップの上がり幅が低かったり、年度によってボーナスの比率が違う場所は将来を考え直した方が良いと言えます。

 

私は転職サイトの支援も行っております。 転職サイトを利用してコメントを書きこんでくれている方もいらっしゃいますのでぜひ参考にし、転職サイトを利用する場合は複数のエージェントから登録をすることをお勧めします。 全て完全無料ですので転職を検討している人は必須だと思いますよ!^^

 

疲れて看護師を辞めたくなった時に実践してほしい事
「今の職場は給料も低いし、やりがいを感じられない。いっそのこと転職をしたいんだけど、どうやって登録したらいいかわからない・・・」と思っている人は多いはずです。 皆さんが手軽にできる事といえば新聞の求人情報やハローワークなどで探...

 

 

ではでは!

転職サイト利用ランキング
ナースジョブ

ご利用満足度96,8%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、
丁寧・親切に対応する為、利用満足度が高い事が特徴となります。

.地域最大級の求人数
北海道、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、
人気の病院・クリニック・施設など豊富な求人を揃えております。

特に上記に該当する地域に住む方は求人数が圧倒的に多いため登録は
必須だと考えて良いでしょう!

ナースパワー人材センター

業界最大の全国15営業拠点と10万名の看護師が利用する
信頼と実績のある看護師紹介会社です。
全国求人先はなんと4万件以上!きっと探している職場が見つかります。
今すぐ転職を考えていなくても登録は必須な転職サイトです!
私自身この転職サイトから1度転職を行いました!

ナースJJ

人事担当者からの一方的な情報だけではなく、実際に入職した看護師の意見を
伺い看護師の転職に活かしています。
アンケートを実施しているため内部事情についても豊富な情報があります。
就職でなんと15万円+αのお祝い金ももらえるチャンスあり。
内部事情に詳しいこちらも登録必須だと考えます!

かいご畑

介護士さんの転職ではこれが一番おすすめです。
なんと言っても介護の資格講座の受講料が0円になる
『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

自分で資格修得にお金を払うとなれば10万円程度はかかります。
これを負担してくれるのはとても大きいことです。

ブログを読んで頂きありがとうございます!

私から皆さんに「耳よりなオススメ情報」を紹介します!

 

皆さんは本は好きですか?ショッピングで活用しているAmazonさんよりオーディブルというサービスが提供されています。

これは、本を朗読で聴くというサービスです。

今だけ1カ月無料で体験でき、ダウンロード後解約しても料金はかかりません。

人数が増えるとサービスが終了する恐れもあるため読んでくれた御礼にちょっと紹介させて頂きます。
詳しくはこちらのページから記事にしていますので参考にしてみてくださいね!

皆登録しているAmazonオーディブル!

看護関連転職
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント