看護師辞めたいと思った時に実践してほしい事

看護師転職の成功例・失敗例|20代・30代・40代メリット・デメリット

看護関連

私は介護士を2年経験し現在看護師9年目として働きながら通信制の正看護師免許を取るために頑張っています。

介護士や看護師の勤務体制や不条理な待遇について少しでも改善できるよう皆さんに呼びかけていこうと思い、ブログを発信しています。

仕事が嫌になった時は、積極的に転職を勧める活動もしています。
1人で悩まずぜひツイッターや当サイトのお問い合わせ、もしくはコメント欄から相談を受け付けています!

看護師の転職についてはこちらのサイトを参照してください

 

疲れて看護師を辞めたくなった時に実践してほしい事
「今の職場は給料も低いし、やりがいを感じられない。いっそのこと転職をしたいんだけど、どうやって登録したらいいかわからない・・・」と思っている人は多いはずです。 皆さんが手軽にできる事といえば新聞の求人情報やハローワークなどで探...

 

本日は看護師の転職について考えていきたいと思います。

 

私自身過去に転職を7回行いました。

 

勿論全ての職場が良い場所だったとは思いません。

 

就職する際には、見えない情報が沢山あるために、就職してからがっかりしたという事も多々ありました。

 

看護師さんの転職の多くは20~30代の方が多い傾向にあり、20代は新卒からいじめにあってしまったり、指導のされ方に納得がいかなかったりその他の理由では、数年働いてみて自分に少し自信が付いたから違う科目で働いてみたいという方が大半です。

 

30代の転職の多くは、看護研究や新人のプリセプター業務に追われたりして忙しい毎日を過ごす事や、同じ環境下で働くことに疲れてしまい転職するパターンが多い傾向にあります。

 

しかし30代を越えてくると転職する機会がぐっと下がります。

この背景として、家族が居る事や収入が途絶えてしまう事の不安、新しい職場で上手くやっていけるか考えるぐらいなら同じ職場に残った方が良い。新しい職場に行ったら色んな事を覚えなきゃいけないから面倒になってしまうという理由が多く占めています。

これが40代以降の転職がしづらい主な原因ともなります。

 

転職をする上でやっておかなければいけない事

 

必ず新しい職場に行くときには、ホームページや口コミなどをチェックする傾向にあると思います。また知人がその職場で働いている時は、その職場の情報を聞くなんて事もしますよね。

 

人によって「良い職場」「悪い職場」の定義は全く違うと思いますが情報収集する上ではこれ以上の策があまり見当たりません。

 

ですので実際に就職してみてから「全然印象と違った」という可能性もないとは言いきれないのです。

 

ところで話は少し脱線しますが、皆さんにとって「良い職場」の定義ってなんでしょうか?

 

・人間関係が良い
・給料が高い
・仕事量が少ない(残業が少ない)
・勤務体制が良い
・家から職場が近い

 

SNSをよく見ていると最終的には「お金」の話になります。

 

人間関係が良くても給料が低かったら満足できますか?

 

転職を希望している理由に必ずお金という問題に辿りつきます。

せっかく新しい職場に行くのに、給料が低くなるのなら気が進みませんよね。

 

汚い話ですが、自分に与えられる物が大きくなるほど、やる気にもつながります。

 

看護師の転職のメリット

 

一般的に、転職を繰り返していると「履歴書に傷がつく」なんていわれたりしますが、看護師の場合はむしろ、メリットになったります。

 

もちろん短期間の間で色んな職場を転々としている場合は除きますが、1年以上の経験があれば様々な職場を見てきた事や様々な科目の体験をしたという実績が評価されて歓迎される場合もあります。

 

転職をすることで、給料の交渉をする機会を設けることもできますし、他の職場を比較して自分のライフスタイルに合わせた環境下で働く事もできます。

 

特に1番のメリットとしては、同じ職場に固執する事で今まで勤めていた病院での見え方しかなかったのに、転職したら色んな見え方をすることが出来て、色んな視点で物事を考えることができたという経験をする事もあります。

 

ですので私は、同じ職場に長く働く事も大切な事だとは思いますが、長く同じ職場にいても退職金も期待できなかったり将来的な役職を約束されていないのであれば自分のやりたいときに色んな体験をすることが望ましいと思っています。

 

看護師の転職デメリット

 

前述でも少し触れましたが、やはり年齢が経つにつれて、覚えることも面倒になってしまい、新しい職場に馴染むまで時間がかかる傾向にあります。

 

また年齢を重ねるごとに、即戦力としての期待値も高まってしまうため転職する本人にとっては、負担になってしまう可能性もあります。

 

しかし、悪い条件で働いている場合はいつまでたってもその環境下から抜け出すことが出来ずに、しまいには、身体的にも精神的にも参ってしまうなどという人も存在しています。

 

こうならないためにも、自分に保険をかける意味で転職サイトの登録は日ごろからしておくべきだと私は思っています。

 

 

看護師転職の成功例

 

私が過去に成功したな!と思った体験談を話します。

 

私が転職をした際は、前述に書いたように就職したいと思った職場のホームページと口コミをじっくりと観察しその職場で働いている人に連絡を取りつつ、職安に行き求人が出ているか確認を行いました。

 

給料や待遇を確認した上で、ナースエージェント いわゆる転職サイトへ登録し、そこから給料の交渉とエージェントを通して働いている人の生の声を聞かせてもらいエージェントを通して就職を行いました。

 

ナースエージェントを使用して就職する最大のメリットは、自分で言いにくい交渉や就職決定後に支度金の支給があることです。

 

もちろんエージェントによっては支度金を提供していない場所もあるのでこれは自分で検討しながら模索するしかありません。

 

無事に就職すると知人が働いている事で友人という扱いでフォローをしてくれたり、エージェントを通しての生声からの情報収集のおかげで環境を理解する事ができ、結構早い段階で職場に馴染むことができたという思い出があります。

 

 

意外と知り合いが居る事でその人の評価も良ければ周りの皆が気にかけてくれるという環境も整うのでその点では安心して働くことが出来た一例です。

 

看護師転職の失敗例

 

今度は失敗編です。

失敗した時はナースエージェントの利用は行わず、職安を通して就職を行いました。 看護師5年目ぐらいの時に同じ職場で働いてても刺激が足りない。もっと多くの事を学びたいと思い、急性期の内科病棟に就職をしました。

 

その職場では知人もいなかった為、そこからの情報収集が出来ないためホームページの情報と職安で見た待遇だけを参考に決定しました。

 

就職してみると、人間関係はとても悪く社内で働いている人は平均年齢50歳代の人が多く、お局さん達が沢山集まっていました。

 

就職したからにはなんとか働こうと思いましたが、社員が目上の人に発する言葉や態度もひどかったですし、勤務体制も物凄くひどかった(残業当たり前) 給料が良かったとしても自分がやられてしまうと思い

 

この職場は1カ月程度で辞めてしまいました。

 

こう考えると情報収集はとても大事な作業であり、未知の世界に飛び込むのには時に運も必要なんだと思いました。

 

そして老舗の職場では、昔から居座るお局さんも多くいるため就職する上では自分に近い年齢層が多い事や、看護師歴に差が大きく発生していないかも重要な情報収集課題だと思います。

 

年齢が近かったり、看護師歴が近いと自然と親近感が湧くものです。

働きにくい環境では、何事にも「差」が大きく発生してしまっていることも要因となってしまいます。

 

長く働くために絶対に気を付けなければいけない事

 

仕事とは、生活をする上で必ず行わないといけない事です。

生活の為だと言っても苦痛になり、身体・精神的に壊れる環境になってまで働く必要はありません。

 

資格を持っているだけで色んな職場の選択肢があります。

 

しかし長く同じ職場で働きたいと考える時には絶対に守らないといけない事があります。

 

この事がクリアできない職場はさっさと転職をし新しい職場を探す事をお勧めします。

 

・職場まで通うのが辛い距離ではない事。
・生活がきつい給料ではない事
・仕事を休みにくい環境じゃない事
・残業が少ないこと
・昔ながらの風潮が変わらない職場に居続けない事

 

まずは、仕事を続けていくためには、なるべくストレスを除外しないといけません。

 

年間で200日前後働く場所が多い訳ですから、職場に通う事にまずはストレスをかけてはいけません。

 

そして、忙しい職場でも楽な職場だったとしても生活を圧迫するような安月給の場所で働く必要はありません。必ず職場によって給料の差があります。

 

体調や、家族の理由などによって急に休みを取らないといけない時、理解してくれる職場でなければ、長続きもしません。もちろん家庭の事情もあるため不必要な残業続きも厳禁です。

さらに一番の厄介が昔ながらの風潮が変わらない事です。

 

大抵このような職場では、年齢層が孤立しており若い職員などが補充されないような環境下にあります。

 

そのような環境で働いて、少しでも効率良く仕事を改善したいとか、新たな事を学びたいと思っていても、昔ながらの考えが変わらないとせっかく就職したのにその職場の風潮に合わせるだけで逆にストレスが溜まってしまいます。

 

せっかく転職をするのならば最低限ここの条件をクリアして選ぶようにしましょう。

看護師の年齢によって就職のしづらさがあるのは事実

 

勿論若いほど、色んな体験もできますし吸収する事もできます。

ですが、年齢を重ねる事によって若い頃と比べるとどうしても行動力というものは低下していきます。

 

ですが、年齢を重ねたからもう転職は出来ないなんて思わないでください。

結局自分のやる気が一番ですからやる気がある人は必ず良い職場に巡り合う事ができるでしょう。

 

そのためには、日ごろから転職サイトを上手に活用していつでも良い条件の職場を見つけれる環境下にしておくことが大事です。

 

転職サイトは完全無料で利用することができるため、1つではなく複数の転職サイトを登録する事によって取り扱っている求人の比較もできますし、支度金などが援助される事で生活を豊かにしてくれる可能性まで秘めています

 

ぜひこの記事を参考にして転職活動を有意義にしてみてくださいね!

 

 

転職サイト利用ランキング
ナースジョブ

ご利用満足度96,8%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、
丁寧・親切に対応する為、利用満足度が高い事が特徴となります。

.地域最大級の求人数
北海道、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、
人気の病院・クリニック・施設など豊富な求人を揃えております。

特に上記に該当する地域に住む方は求人数が圧倒的に多いため登録は
必須だと考えて良いでしょう!

ナースパワー人材センター

業界最大の全国15営業拠点と10万名の看護師が利用する
信頼と実績のある看護師紹介会社です。
全国求人先はなんと4万件以上!きっと探している職場が見つかります。
今すぐ転職を考えていなくても登録は必須な転職サイトです!
私自身この転職サイトから1度転職を行いました!

ナースJJ

人事担当者からの一方的な情報だけではなく、実際に入職した看護師の意見を
伺い看護師の転職に活かしています。
アンケートを実施しているため内部事情についても豊富な情報があります。
就職でなんと15万円+αのお祝い金ももらえるチャンスあり。
内部事情に詳しいこちらも登録必須だと考えます!

かいご畑

介護士さんの転職ではこれが一番おすすめです。
なんと言っても介護の資格講座の受講料が0円になる
『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

自分で資格修得にお金を払うとなれば10万円程度はかかります。
これを負担してくれるのはとても大きいことです。

ブログを読んで頂きありがとうございます!

私から皆さんに「耳よりなオススメ情報」を紹介します!

 

皆さんは本は好きですか?ショッピングで活用しているAmazonさんよりオーディブルというサービスが提供されています。

これは、本を朗読で聴くというサービスです。

今だけ1カ月無料で体験でき、ダウンロード後解約しても料金はかかりません。

人数が増えるとサービスが終了する恐れもあるため読んでくれた御礼にちょっと紹介させて頂きます。
詳しくはこちらのページから記事にしていますので参考にしてみてくださいね!

皆登録しているAmazonオーディブル!

看護関連
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント