新人・中途採用看護師や育児中子育て中のママでも両立成功の鉄則とは
スポンサーリンク

介護士を辞めてよかった|看護職になるまでの道のり

看護関連

私は介護士を2年経験し現在看護師9年目として働きながら通信制の正看護師免許を取るために頑張っています。

介護士や看護師の勤務体制や不条理な待遇について少しでも改善できるよう皆さんに呼びかけていこうと思い、ブログを発信しています。

仕事が嫌になった時は、積極的に転職を勧める活動もしています。
1人で悩まずぜひツイッターや当サイトのお問い合わせ、もしくはコメント欄から相談を受け付けています!

看護師の転職についてはこちらのサイトを参照してください。

絶対おすすめ!看護師転職サイトランキング

 

今回の内容ですが、「介護士を辞めて良かった|看護職になるまでの道のり」についてです。

自己紹介にもある通り私は18歳の時に介護の資格を取得して施設介護士と病院介護士を経験したのちに、准看護師の資格を取りました。介護士は「きつい、汚い、危険」という3Kというものがあり就職しても離職する人が絶えません。

この3Kの他にも、給料が低い、サービス残業が多い、休日出勤をさせられるという話も良く聞く話です。という訳で今回は介護職の事について書いていこうと思います。

私が介護職に勤めた経緯|処遇改善手当なんてなかった時代

私が社会人になったのは18歳の頃でした。
学生時代は真面目に勉強をしていなかったせいで将来何をするのかも考えておらず皆が進学、就職する新年度も家でゴロゴロしていた記憶があります。

ある日、母親が仕事をするには「資格」が必要なんだよ。ということで新聞の切り抜きを渡され半強制的に資金を渡されて通わされたのが「ホームヘルパー2級」というものでした。

たまたま良い出会いがあり、そこで一緒に講習を受けていた人が「うちの施設に来てみないかい?」という誘いがあり私の社会人の道のりが始まったのです。

紹介された場所は、地元から車で1時間かかる場所。
私は1人暮らしを始めることにしました。

就職してから3カ月ぐらいは、夜勤というものがなく手取りで10万円ぐらいの生活。 その時代は「処遇改善手当」なんてものは存在しなかったから家賃5万円を払うのでもかなり辛い思いをしていました。

しかし夜勤が入るようになってから手取りの給料も13万円。

自分の父親があれだけ給料もらっていたのって凄い事なんだな。と感心するぐらいでしたが、まだ年齢も若かったから「このままではやばい!」なんて感情もなかったのを記憶しています。

不思議と18歳にしては、欲しい物がなかったし(知識がなかった)車も親に譲ってもらってたし、家賃、食費、光熱費ぐらいで彼女をいなかったし特にお金を使う事もなかった。

だけど1年ぐらい働いてから「ところで介護士って働いてたらレベルアップして看護師になれるの?自分にもできそうなんだけどできないって嫌だな」

バカ丸出しの発言をして先輩方に「看護師になるには学校に行く必要があるんだよ!」と教えてもらった記憶があります(笑)

ここでも不思議と「お金」ではなく「自分にもできそうだな」という感情の方が大きかったことを覚えています。
そして父親が倒れた事がきっかけで少しでも知識を付けて何かしてあげる事はできないだろうかと考えるようになったのです。

その後先輩に紹介された病院で介護職として1年間働くことに。
その病院では看護師になりたい人はお金を貸してあげる。いわゆる御礼奉公があるよ!ということで勤めましたが病院で働くことによって、「看護師さん○○お願いします。看護師さん○○してください。」という患者さんからの発言を聞き、自分は介護士だからできない。
早く看護師になってやる。という気持ちが強くなりました。

結局お金を借りるには3年間働かないと借りる権利ができないとかで1年ですぐに辞めて自力で学校に行きました。

今考えると本当に生活の欲がなくてよかったと思いますね。

今考えると恐ろしい。看護師を目指してよかった。

あの時代には「処遇改善手当」がありませんでした。

今は施設によっても様々だとは思いますが、平均1~3万円ぐらいの処遇改善手当が渡されていると思います。

正直これがないと生活もできないし、将来も考えられません。

今は介護士の離職率も多いため、給料が高い職場も多く存在しているみたいですが、万が一処遇改善手当が支給されていない状態であの給料形態で介護職を続けていたらと考えていたら恐ろしい。

お金が全てではない。だけど高い方が良いに決まってる。

介護の仕事って実に雑用が多い。 しまいに自分よりも若い子に指示をされたり、自分より高い給料をもらっているんだろうと考えると辛くてしょうがない。

看護師はいいよね。沢山給料をもらえて。

そうやって言う人もいるけど批判する人程行動しない。

それならなんで給料が高い場所にいかないの?看護師を目指さないの?
別に医療・介護系にいるから看護師ってことが全面的に出るけど違う仕事でもいいんじゃないか。

批判する人にはそう言いたい。

どうしても介護っていう仕事にプライドがあってそれで食っていきたいと考えるのなら否定はしないけど、若いうちに自分の将来設計を立てていかなければ介護職で生活基準を上げた生活ができないのは事実であろう。。。

ただし、介護職でももちろん高い給料をもらえる場所は存在する。

資格・経験を生かして好条件で転職
介護専門求人サイトかいご畑



転職サイトをうまく活用すれば仕事の内情や、給料形態についても交渉は可能となる。 この「かいご畑」の最大メリットは介護資格が無料で修得できるところ!私が修得した「ヘルパー2級」ですら15万円ぐらいかかった記憶があります。。ぜひ気になる人は行動してみてください!

好きな仕事で生きていくには厳しい現実

多くの皆さんは介護職を始める時に「身体が不自由な人に対して円滑な生活ができるように援助してあげたい。力になってあげたい!」などと面接で言う人も多いですが、働いていくうちに「自分でできるじゃん・・・。なんで私がやらないといけないのさ・・・」などと毒を吐く人もいました。

これは介護ストレスによるものでこのような発言が出てしまう理解はできますが、さらには「こんなに動いて頑張っているのに低賃金。底辺の仕事だ」なんて言い介護の仕事自体を否定してしまう人もいます。これはとても悲しいことです。

私は介護職を経験したことがあるため、介護さんの大変さは十分にわかります。 特に介護福祉士は国家資格であり、資格の面で言えば、准看護師よりも高い位置にあるといえます。

これから高齢化社会は更に進み、介護の需要が増える中で介護職の給料が増加しない事は怒りであると言えます。2019年10月より処遇改善手当が調整されるという内容が厚生労働省より発表されていますが、良い方向に向くことを祈っています。

人を助けようと思って「介護」という仕事に進んだ意思は絶対に忘れないでほしい。 だけど賃金が安すぎると自分の生活に支障を起こすからそこは自分で職場を選んだり、派遣で介護をやって普段は違う仕事をするなどして快適な生活環境を作ってほしい。

看護師になって良かったこと。

私の場合は、処置や注射などの簡単な事でも介護時代にはできなかったことができるようになったことが嬉しかった。そして介護士の時には体の仕組みは全然わからなかったけど、看護師になった今観察点がわかった事によって患者・利用者の異変に気付けるきっかけにもつながった。

 

同じ職場の介護さんと話をすると時々給料の話題になるけど、私が18歳のころに貰っていたお給料+処遇改善手当分しか稼いでない事を聞くと、早いうちに看護師をとっておいて良かったと感じます。

自分が独身ならなんとか生活できるけど、妻が居て、子供が居てとなると正直かなり厳しい。共働きだったら何とかなるかもしれないけど子供が小さいうちは妻には迷惑をかけれないし、収入の期待はできませんからね。

あの時の給料で今の生活をしていたら確実に破産していますし、子供にも学資保険もかけられませんでした。

看護師って良い?一生続ける気あるのか?

看護師の良いところは、色んな科目があるからすぐに転職ができる。

さらには、離職率が多いから支度金を提供してくれる場所も数多くあります。ちなみにお勧めの転職サイトはこちら↓

絶対おすすめ!看護師転職サイトランキング

私自身は看護師で一生涯働くのは辛いと思っています。
この業界の待遇や人間関係はとても複雑な環境な場所が多く、患者・利用者からの要求や介護疲れなどでストレスを貯めてしまう人も大いにいます。

生活をするために働くのはもちろんのことですが、体調を崩してまで働く必要はありません。 私の場合はもう辞め時かなと思ったらすぐに転職サイトを利用して新しい職場を探してもらうようにしています。そうすることで支度金ももらえますし、新たな気持ちで働くことができます。

派遣や週数回のバイトでも全然OK

看護師の求人では、よほど変な場所にあたらない限り時給1000円以上出してくれる求人は沢山あります。(介護士も同様です)

本当は、介護・看護師の仕事をしたいんだけど常勤は辛いというのであれば勤務時間を指定して働く方法も私はありだと思います。

その代わりそれだけの収入では快適な生活ができないと思うのでそれを補うようなことをしないといけません。

ちなみに私が働いている場所では、週に数回の介護パートをしてその他は全く違う仕事をしている人もいます。その人の趣味は海外旅行だそう。とても充実している生活をしています。そしてストレスをあまり見せなくいつも笑顔で働いて余裕があります。

介護士を辞めてよかった。でも介護士を否定してません。

介護士さんがいないと仕事が成り立ちません。介護士さんにはいつも感謝しっぱなしです。

ですが、介護職として働くのであればもう少し賃金が高い働き箇所を増やしてほしいというのが本音。

だから介護士自体を否定しているのではなく、介護業界の待遇について批判をしているのです。

もし看護師とそれほど変わりがない給料をもらえるなら若い人に指示されようが命令されようが私は介護職でもいいと思っています。

プライドではなくやはり働くうえで重要なのはお金だと言いたい。
少しでも離職率が減るようにもっとこの業界に力を注いでほしいですね!
ではでは!

転職サイト利用ランキング
ナースジョブ

ご利用満足度96,8%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、
丁寧・親切に対応する為、利用満足度が高い事が特徴となります。

.地域最大級の求人数
北海道、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、
人気の病院・クリニック・施設など豊富な求人を揃えております。

特に上記に該当する地域に住む方は求人数が圧倒的に多いため登録は
必須だと考えて良いでしょう!

ナースパワー人材センター

業界最大の全国15営業拠点と10万名の看護師が利用する
信頼と実績のある看護師紹介会社です。
全国求人先はなんと4万件以上!きっと探している職場が見つかります。
今すぐ転職を考えていなくても登録は必須な転職サイトです!
私自身この転職サイトから1度転職を行いました!

ナースJJ

人事担当者からの一方的な情報だけではなく、実際に入職した看護師の意見を
伺い看護師の転職に活かしています。
アンケートを実施しているため内部事情についても豊富な情報があります。
就職でなんと15万円+αのお祝い金ももらえるチャンスあり。
内部事情に詳しいこちらも登録必須だと考えます!

かいご畑

介護士さんの転職ではこれが一番おすすめです。
なんと言っても介護の資格講座の受講料が0円になる
『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

自分で資格修得にお金を払うとなれば10万円程度はかかります。
これを負担してくれるのはとても大きいことです。

ブログを読んで頂きありがとうございます!

私から皆さんに「耳よりなオススメ情報」を紹介します!

 

皆さんは本は好きですか?ショッピングで活用しているAmazonさんよりオーディブルというサービスが提供されています。

これは、本を朗読で聴くというサービスです。

今だけ1カ月無料で体験でき、ダウンロード後解約しても料金はかかりません。

人数が増えるとサービスが終了する恐れもあるため読んでくれた御礼にちょっと紹介させて頂きます。
詳しくはこちらのページから記事にしていますので参考にしてみてくださいね!

皆登録しているAmazonオーディブル!

看護関連
スポンサーリンク
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント