用を足している間に退職完了 SARABAでサラバ!

退職代行

今回は「退職代行」について書いていきたいと思います。

退職代行「SARABA」

このテーマにした理由として・・・

自分の人生について悩む事は必ずしもあり、仕事を辞めることで新たな一歩を進み出すきっかけにもなりますが予定通りに行かないという例を数多く見かけています。一口に「仕事を辞める」と言ってもそう簡単にできることではないのです。

最近でも辞めたいのに辞めれないという理由で「退職代行」に関するテレビ特集なども取り上げられるほど注目が集まっています。

私自身も過去に転職を何度かしましたが、思い返すと仕事に対して個人的こんなことが思い当たりました。

・今の給料が低い。
・将来の安定が見えない。
・何となく続けてるだけで、やりがいがない。
・上司が怖くてとりあえず仕事を頑張っている。
・毎日仕事に行きたくないけど、休めない。
・仕事を辞めたいけど、やめたら生活ができない。
・他にやりたい事があるけど言いだせない。

仕事を辞めるという理由には様々な理由があると思いますが、一般的に退職する時が一番心身にストレスがかかると言われています。

辞める」という言葉がなかなか言い出せなかったり、上司から止められる可能性や怒られてしまうかも・・・?などと考えていくうちに勇気がなくなる事は必ずしもあることです。

また退職時に必ず問題になるのが、有給が消化できるのか。という点です。

面と向かって上司に、「○○に辞めるから残っている有給全て消化してください。できなければ買い取ってくださいね」なんていう事は恐ろしくて言えないですよね。。

本来、有給は申請すれば使用できるものですが、なかなか思い通りに申請を許可してくれないこともあります(違反なんですがね。。)

このように自分では面と向かって言いにくかったり、退職に関する問題を1人で解決できる自信がない場合は潔く「退職代行」を使う人が増えているのです。

24時間いつでも対応してくれる。

今回紹介する「退職代行」サービスの「SARABA」

退職代行SARABA

特徴は「利用料金の安さ」「24時間対応してくれる点」が最大のメリットです。

退職代行料金は2万9800円(税込み) 退職代行サイトでも格安の分類です!対応もしっかりしており、悪い噂もありません(心配なら検索してみてくださいね!)

これを高いか安いかと考えるのは個人の自由ですが、サービス利用後即座に「退職」を行えて一切職場に出向かわなくても良いという点が最大のメリットです。

退職代行SARABA

 

電話・メール・LINEのそれぞれで連絡を取ることができ、メッセージを送ると即座に返信が返ってきます。

一番手っ取り早いのは「LINE」がお勧めです!

万が一退職できなければ「全額返金」制度もありますし、ほぼ100%の確率で退職できます。

退職に関する手続きはどうなるの?

離職票、保険証、有給の消化などどうなってしまうの?と思いますがこの点もしっかりとその旨を会社に伝え「SARABA」が対応してくれます。

会社に行かなくても、書類等は郵送すれば済みますし、有給の申請が通れば、あとは仕事にいかなくてもしっかりと有給分のお給料が出ますからお得ですね!

1人ではなかなか交渉できない点も2万9800円(税込)で解決できると考えれば私は安いものだと感じます。

デメリット

退職代行」は昔にはなかったサービスです。

本来辞めたいという意思は自分自身で伝えるべきなのですが、社会というのは複雑な人間関係や規則が付きもののためこの点に注目してサービスが設立されたと思われます。

自分の口から上司に伝えるのが一番良い方法だというのは誰しもがわかる事だとは思いますが、「すぐに辞めれない」「うやむやにされる」「説得をされる」「辞めるといった日からいじめられる」なんて事も良くある話です。

デメリットとしては、毎度「退職代行」に頼むのではなく、どうしても自分自身では対応・交渉できない時にだけ使うことをお勧めします。そうじゃなければ毎度クセになってしまって自分で言いだす勇気がなくなってしまうからです(笑)

利用者は20代~30代に多い。

20代は新卒者などが多いためどうしても上司の圧力から「言いだせない」という方が多い傾向にあります。

基本的に自分の上司に当たる人は40~60台に多い傾向にあるため、利用傾向を見て利用年齢が集中している理由は納得できますね。

仕事を見つけてから交渉もありです。

どうしても仕事を辞めたいという時に、強行手段として「新しい場所に面接をしにいく」という方法があります。

ですが、必ず聞かれることが「いつから出勤できますか?」という質問です。 「えーっと・・・きっと○月ぐらいだと思うんですけど、上司に相談しないとなんとも。。

きっとこのような回答であれば、私が面接者なら「本当に来れるのか?来れる日が確定していないとこっちも進められないし困る」と感じると思います。

労働基準法では退職を申請してから2週間で退職が可能となっていますが、職場には必ず「就業規則」というものがあります。

ここには申請をしてから1カ月や3カ月。などと記載していたりします。

円満に退職するためには、就業規則をできるだけ守った方が良いに越したことはありませんが、退職を申請してから居続ける勇気がありますか?

私ならずる休みしたくなります。。

この場合であれば、やんわり上司に辞めたい旨を漂わせて反発されたら強行面接を行ってその後は「SARABA」にお任せするという方法もあります。

自分の人生。後悔はするな!

仕事を辞めたいけど辞めれない。

こんな辛い事が続くと、心身共に疲れきってしまい体調を崩す原因となってしまいます。

新たにやりたいことがあったり、自分の人生設計することは全く悪いことではありません。

自分が辞めることで相手に迷惑がかかる。なんて考えることは辞めましょう。

自分を守るのは自分自身です。

1度の人生なのですから、新たにやりたいことがあったり目的がある人を私は応援したいです。
ぜひ良い人生を築けるようにこのようなサービスも視野に入れてみると良いでしょう。

退職代行SARABA

ではでは!

コメント