看護師辞めたいと思った時に実践してほしい事

老健看護師のメリット・給料について紹介

看護関連

私は老健施設で「看護職員」として働いたことがあります。

当時の年齢は20代後半。

それまでは准看護師として病院で6年程働いていました。

施設看護師になろうと思ったきっかけは単純に「時間がほしいから」という理由からでした。

病院で働いている頃は、定時に仕事が終わらなかったりミーティングや勉強会もほぼ強制的な参加があり。こんな労働体制では自分が拘束されるだけの人生になってしまうと考え退職を決意して老健看護師へと転職したのです。

お勧めの転職サイトはこちら。 35万円もらえるチャンス!



職場で良い評価がもらえているから残っている。 病棟の中心になっている。 新しい所に行くと1からやり直しだから。 転職できない人の多くはこういう風に考えている人が多いようです。 でも、サービス残業や一向に変わらない職場体制などを考えた時に自分がこのままで良いのか?と自問自答する事も必要です。

病院看護師と施設看護師の違い

病院では、数多くの薬品を使ったり指示が沢山あって、常にバタバタしないといけない環境ですが、施設看護師は基本的に病状が慢性的な方が多いため多くの指示や薬品を用いることもなく、やる事は限られています。

施設によって医師も常駐していますが、専門的な分野ではない時は治療の施しようがない事や施設での使える薬剤が限られているため、他科受診させるということも珍しくありません。

施設でのメインは治療ではなく「介護」という部分から介護士さんとのコミュニケーションがとても大事になってきます。

治療側面よりは、いかに利用者に質のよりサービスを提供できるかが肝心となってきます。

慢性的なため家族からの苦情も多め?

施設では、「治療」というよりは「生活」を重視するためいつまで経っても歩行が出来なかったり、嚥下のレベルが低下するなどといった症状が改善されないことにより、家族からの苦情を受けることも少なくありません。

病院であれば、「主症状」が改善される事によって「治って良かった」という安心感の声を家族から良く聞き感謝されることもありますが、施設の場合だと「どんなことをしているんですか?まったくよくなっていませんよ?」という事も多いのです。

そして、よく聞く話が「転倒」です。

多動さ著明にある方でも抑制してはいけない事から、必ず年に数件このような事故が起きてしまいます。

あらかじめ、家族に転倒のリスクを説明していても、「なぜそうなったのか?その時、スタッフは何をしていたのか?訴えるぞ」などというような事例も少なくありません。

施設では、目に見えた症状(筋力増強や食摂量の増加等)が現れにくいためこのような事は日ごろから家族に重々説明し、コミュニケーションを図っていく事が必要です。

老健看護師の給料は?

給料は働く場所や地域によって様々ですので、病院と施設ではどっちが高いの?と聞かれるとわかりません。

私の場合を例にしてみると、病院では、サービス残業や休日の勉強会等を参加したり看護研究などで夜遅くまで残ったりと多忙な日々を過ごし年収400万円を切る程度の生活をしていました。

施設看護師では、やることが決まっているためほぼ定時で帰れ、夜勤等も特変がなければ、オムツ交換や書類整理等で時間を過ごすことができ、さらに勉強会も少なく、看護研究もなく病院の時と同じぐらいの給料をもらっていました。

こう考えると圧倒的に施設看護師の方が私にとってはメリットが高かったのです。

時間が出来て何をするようになったか?

楽をしたいからという理由だけで「病院看護師」を辞めた訳ではありません。

もちろん、拘束されることで自分の将来にどう影響するのかも退職の理由に関係していますが、時間が出来ることによってさらに「スキルアップ」を目指したかったからです。

冒頭に「准看護師」と書いていますが、私は「正看護師」を目指す予定が様々な理由から1度断念してしまった過去があります。

年数が経ってから「やっぱりとっておけばよかった」と後悔するようになり、通信制の学校に入学することを決めました。

病院看護師では、アセスメントの方法や学校に沿った勉強の内容が出てくるため大変勉強になる機会もありますが、やはり資格を取る上で勉強に集中したいという意味もあり、退職を決意しました。

何かやりたいことがある時や、毎日忙しく働いて釣り合ったお給料ももらえないと思っている方は、「施設看護師」はお勧めだといえます。

病院より休みが少ない場合もある。

私が働いていた場所は、過去の病院勤務体制と比べると年の休日が少なかったです。

また病院よりも30分勤務時間が長かったりしました。

ですが、体は病院で働いている時と比べ楽だったので苦には感じませんでした。 より良い条件を探して働く事をお勧めします。

体力に余裕があるなら副業も。

病院勤務から施設勤務に変わると、慌ただしかった毎日がものすごく穏やかに感じられました。

仕事から帰ってきたら、疲れてすぐ寝てしまう。 休日も外に出たくない。そんな風な日常を送っていましたが、施設で働いている時は、病院時代と比べて体がとても楽でした。

この体力を生かして、副業にチャレンジしている人もいました。

1日だけの副業を病院 普段は施設看護師

こうすることで看護技術が落ちることもなく、様々な知識や技術を生かして万が一施設看護師が嫌になったら病院看護師に戻るという人もいました。

これはとても良い考えだと思いますね!

仕事は嫌々続ける必要はない!

家庭を持っていたり、今仕事を辞めると生活するお金がない!

そんな人は、仕事を辞める前に新しい職場を探すのも手です。

↓35万円もらえるチャンスありますよ!



実際に私も転職する際は、数多くの求人サイトに登録しましたし、職業安定所にも通いました。

労働基準法では最短2週間で仕事を辞めることができますが、職場規定では1~3カ月ほど在籍命令をしてくる場所もあります。

でも、仕事が決まってしまったら在籍命令なんて従えませんからこの辺は気にすることありません。 最低1カ月前ぐらい残ってあげるかな。ぐらいの気持ちでいいと思います!

求人は、地元の広報誌などに乗せることも多いですが、毎回同じ場所の求人を出すと、「職場の印象が悪くなる」という理由から非公開求人で出す場所も多く存在しています。

人が欲しいのに、「印象が悪くなる」ってなんか矛盾しているし、残されて働いている人も大変っていう感じもしますが・・・

この記事を見て少しでも「施設看護師」って良さそうだな。って思った方は1度求人を覗いてみてはいかがでしょうか?

きっと病院で働く看護師よりも時間にゆとりはできると思いますよ♪

ではでは!

転職サイト利用ランキング
ナースジョブ

ご利用満足度96,8%!地域の求人に精通した専任のコンサルタントがスピーディー且、
丁寧・親切に対応する為、利用満足度が高い事が特徴となります。

.地域最大級の求人数
北海道、兵庫、広島、岡山、福岡を始め全国においても取引先が多く、
人気の病院・クリニック・施設など豊富な求人を揃えております。

特に上記に該当する地域に住む方は求人数が圧倒的に多いため登録は
必須だと考えて良いでしょう!

ナースパワー人材センター

業界最大の全国15営業拠点と10万名の看護師が利用する
信頼と実績のある看護師紹介会社です。
全国求人先はなんと4万件以上!きっと探している職場が見つかります。
今すぐ転職を考えていなくても登録は必須な転職サイトです!
私自身この転職サイトから1度転職を行いました!

ナースJJ

人事担当者からの一方的な情報だけではなく、実際に入職した看護師の意見を
伺い看護師の転職に活かしています。
アンケートを実施しているため内部事情についても豊富な情報があります。
就職でなんと15万円+αのお祝い金ももらえるチャンスあり。
内部事情に詳しいこちらも登録必須だと考えます!

かいご畑

介護士さんの転職ではこれが一番おすすめです。
なんと言っても介護の資格講座の受講料が0円になる
『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!

自分で資格修得にお金を払うとなれば10万円程度はかかります。
これを負担してくれるのはとても大きいことです。

ブログを読んで頂きありがとうございます!

私から皆さんに「耳よりなオススメ情報」を紹介します!

 

皆さんは本は好きですか?ショッピングで活用しているAmazonさんよりオーディブルというサービスが提供されています。

これは、本を朗読で聴くというサービスです。

今だけ1カ月無料で体験でき、ダウンロード後解約しても料金はかかりません。

人数が増えるとサービスが終了する恐れもあるため読んでくれた御礼にちょっと紹介させて頂きます。
詳しくはこちらのページから記事にしていますので参考にしてみてくださいね!

皆登録しているAmazonオーディブル!

看護関連
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント