帯広ふじもり 元祖インデアンとメロンソーダの店

北海道限定

今日は予定があり帯広に訪れています。

※久しぶりにスマホからの投稿なので見づらい点はご了承ください。

以前帯広のソウルフードということでインディアンをご紹介しましたが、もともとインディアンカレーを作った元祖がこの「ふじもり」という店だと言われています。

いきなりメロンソーダが出てくる

来店し、席につくと水とメロンソーダが提供されます。

これはサービスなので飲んでください。と説明を受けます。

噂では聞いたことはありましたが、何も知らなかったら注文してませんよ!と思ってしまいますね。

◯◯シェフが過去にお水に値段を付けた事によって客がキレたというニュースを拝見した事がありますが、もちろんふじもりはサービスなのでメロンソーダも水も料金は取りませんでした笑

※二杯目からのメロンソーダは有料のようですのでご注意を!

メロンソーダを出す理由は?

80年代はジュースすらご馳走だった。だから少しでも子供達の笑顔を見れるように。という粋な計らいが隠されているようです。

なぜメロンソーダをセレクトしたのかは不明です笑

元祖インデアンを食べてみた

ふじもりのオススメメニューは豚丼のようでしたが、あえて元祖であるインデアンを注文してみました。

器が違うだけで、味はインデアンそのものでした(当たり前か)

しかしインデアン店と違う所は、カレーメニューが4種類ぐらいしかないため、やはり専門でやっているインデアンで食べることをオススメします。(漬物やスパイスもあるしね!) ちなみにインディアンはふじもりから徒歩2分程度の場所にありますよ。

うちの子供はラーメンを注文してました。ふじもりはファミレスみたいに定食やどんぶり、パスタ、ドリアなど様々なメニューが揃ってましたよ!

ふじもりは家族連れにオススメ

ジュースを出してくれる以外にもトイレにオムツ替え設備を用意してくれていたり、子供用の椅子を出してくれたり座席があるなどファミリー層には優しい店になっていました。

そして中心部にあるのに駐車場も完備されており、サラリーマンの昼時や宴会にも対応している店であり、心意気を感じるお店となっていました。

見習うべきお店

飲食店業界で生き残るには、お客の気持ちを考えることが大前提だと私は思います。

私が大抵好きなお店の特徴は、長年同じメニューだとしても店主が心遣いをしてくれたり、覚えててくれて話かけたりしてくれる事。

そんな些細な事でも客は嬉しいものです。

きっとふじもりは、「ふじもり メロンソーダ」などと検索すると沢山の検索が引っかかると思います。

メロンソーダを無料で出してくれる店という強い印象を持たれるかもしれませんが、それよりも優しい店で教育が行き届いている場所だなという印象でした。

昔から「ふじもり」の存在は知っていたけど、実際に行けて良かったなと感じました。

ぜひ機会があれば皆さんも行ってみると良いですよ!ではでは!

コメント