車中泊のメリットとデメリット 入門編

車を所有している人の多くは「車中泊」に興味を持っている人が多い傾向にあるかと思います。

私自身、「車中泊」の経験は何度もあり、「良かった点・悪かった点」を多く経験しています。

この体験談を初心者に向けた「入門編」という形でブログで伝えていきたいと思います。

車中泊の基本は車種選びから。

車中泊をする上でもっとも重要なのは、「居住空間」です。

居住空間を意識するのならばもちろん大きい車程快適性は抜群ですが、運転のしづらさや維持費を考えるとなかなか所有に至らないのも現実です。

今回はわかりやすいように大まかなポイントを上げます。

<居住空間が良い車>
・四角い構造で背が高い車
・座席がフラットになる車
・できるだけ横幅が広い車

大きい車ほど車中泊しやすいは間違え

我が家庭は、ステーションワゴンと軽自動車を保有していますが、お出かけはもっぱら軽自動車での行動です。
現代の軽自動車は、後部座席の足元空間が広い事により、ゆったりと座れ更に背が高い車が多く圧迫感も少なくなっておりステーションワゴンと比べると居住空間は良い印象があります。
ステーションワゴンは全長は長いですが背が低いため車中泊には圧迫感があり適していないと言えます。
このため、大きい車ほど車中泊しやすいという訳ではありません。
もちろん運転のしやすさでいえば加速が良いとか機動性が良いとか等で軽自動車より勝っています。

車中泊の良い点・悪い点

では、ここからが本題です。

まずなぜあなたは「車中泊」をしたいのですか?
それが答えになると思います。

実際に聞かれてみると以外と答えって出てこないんですよね。

私の初めての「車中泊」経験は経費削減をしようと思ったことがきっかけです。

1人で知らない町に行き、ホテルを予約するよりも旅行代に当てたいという目的から行いました。

いざ行うとなれば、「男だから・・」という理由で目隠しもしなければ、駐車する場所の考慮さえもしませんでした。

今考えてみれば恐ろしい。

車中泊は安易に行うことができますが、人があまりいない場所や電波がない場所、近くにトイレ等がない場所は絶対に避けるべきだと言えます。

なぜなら何か危険な体験を起した時に助けてくれる人が必要だから。 そして車を狙う悪い人は必ず人の気配がない場所で行動を起こそうとするからなるべく人がいる場所で泊まることをお勧めします。

些細なことですが車中泊をするならすぐに車を動かせる体制にしておく。連絡をとれる環境にしておくことが重要です。

車中泊のメリット
・経費が安く済む
・自分の好きなタイミングを見て車中泊に移れる
・荷物などをホテルに移す面倒さがないため楽
車中泊のデメリット
・絶対に安全とは言いきれない。
・目隠しや熱さ・寒さ対策をしないといけない。
・警察等に職質される可能性がある。

道の駅での車中泊禁止が増加

現在は「道の駅」でも車中泊を禁止している施設が多く存在しています。

国土交通省の公式サイトでは

質問「道の駅」駐車場での車中泊は可能ですか?

回答「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。

もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません

引用元

となっております。

宿泊はOKだけど仮眠はOK。どうも曖昧な回答ですが長時間の停車で周りの人に迷惑をかけないなら良いよという風にも解釈できます。

皆が利用する施設なのですから、間違っても洗面台で頭を洗ったり無断で道の駅にテントを張るなどの行為は辞めましょう。

1人の迷惑行為で全ての利用が中止される可能性があります。

車中泊に持っていた方が良い物

前述でも少し触れましたが車中泊に目隠しは必要です。

「ワイルドに寝顔を見せてやるぞ!」という人もいるかもしれませんが、寝ているところを狙って何か危険な目に合っても困りますね。

私が持っていて損がないと思う物を紹介したいと思います。

・ポータブル電源(ライト・充電・電気毛布などに利用)
・サンシェードやカーテン(サンシェードは外れやすい)
・寝袋(夏用や冬用がありますよ!)
・エアーベッド(あれば段差がなくなるし便利)

初心者の方はこれだけで十分だと思います。
慣れてきたら、車内でちょっとした物を調理するために炊飯器やガスコンロを持ち込む方も多くいます。

しかし、車内で料理をするとなれば匂いも充満しますし、一酸化炭素の存在にも注意して換気する必要がありますよ!

車中泊はどんな時に便利?

私がよく行っていたのは「釣り」の場面です。
朝まずめ、夕まずめという言葉があるように魚が活発に餌を求めて動きだす時間帯の事です。

特に朝早い時間であれば夜中に出発して車で仮眠し朝まずめを狙って釣りをして帰るという人もいるぐらいです。

そのほかにも、朝焼けを写真でとったり、色んな町に行くために車で車中泊をしている人も大勢見かけます。

車中泊が上級者にもなってくると仕事終わりにぷらーっと遠い場所に行き車中泊をし翌日の休日を利用して次の日に観光をして帰ってくるという人もいます。

前回の記事でインプットよりもアウトプットという記事を書きましたが、まさに「行動」する事で新しい発見もありますし自分の話の話題や経験も増え人生が豊かになります。

ぜひ自分自身で新たな道を開いて楽しい人生にしてみませんか?

さいごに・・・

今回は車中泊の記事 初心者編でしたが少し参考になることはありましたか? ぜひコメント等を頂けると嬉しく思います。

またリンクも張りましたが「行動」は人生を変える手段です。

YOUTUBE等でも車中泊をメインとしてチャンネルを上げ広告収入で稼いでいる人もいますし、車中泊の書籍を出して本を売り上げている人もいます。

せっかくならこの経験を活かし何かにつなげることで、道が開けるきっかけにもなりますよ。

最近友人とも話ましたが、結局アウトプットできない人は「面倒」というイメージを強く持っているという人が多かったです。

でも楽して稼げる仕事なら誰でもやります。

だけど、自分が楽しい!って思えることをSNSなどに上げたりするのって面倒だって思わないですよね?

その延長上で何かを実践してそれが万が一報酬として帰ってきたらもうプロだと私は思います。

これからも趣味を仕事としていけるような有益な情報を発信していけたらなと思います。

以上でした。最後までお読み頂きありがとうございます!

スポンサーリンク
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント