北海道冬の光熱費は10万越え?節約対策として行うべきことは?

北海道限定

北海道の冬はとても寒く、光熱費の価格も都内と比べると桁違いとなります。

一般的に北海道は、全家庭にストーブというものを所持しており(オール電化は違うかも)エアコンだけでの生活は困難となります。

冬の間どのくらい光熱費がかかるかという参考記事があまりなかったためぜひ参考になればと思いブログを書くことにしました。

北海道の冬の光熱費はいくらか?

全家庭によって暖房設備が違いますので値段にばらつきがあります。

一般的に種類としては

・都市ガス
・プロパンガス
・オール電化
・セミ電化(ストーブだけ電気ではない)
・灯油これらを主としながら様々な暖房器具を用いる状態です。※様々な違いを知りたい方は検索してみてください。

例として我が家庭の光熱費をご紹介します。

<構成>

・4人家族(内幼児2人)
・オール電化(温水暖房)
・入浴は毎日
・寒い時はエアコン使用

簡単ではありますが、以上が家庭の状態です。
オール電化のため、冬期間はずっと暖房器具をつけっぱなしです。
ちなみに我が家庭の暖房システムは使用していない部屋にも常時温風が流れる仕組みとなっています。(これが厄介)
機器が古いものなので最近の暖房システムだともっと安くはなると思いますが、このような状態です。
料金は2つありますが、1つは一般電気でもう1つは暖房費です。
これが電気代のみの1カ月の値段です。

さらに、水道料金は子供もいますので2か月で1万円~1万5千円程度。合計すると約8万円程度かかっています。

北海道の冬は金欠生活。節約も程ほどに。

8万円も払って生活出来ているなんてお金持ち?と思う方もいるかと思いますが、全然そんなことはありません。
冬期間は、貯金を大きく崩しながら生活しています。

オール電化の良いところは1年間で見ると比較的安いため夏に冬期間の蓄えをして挑むという所です。

職場によっては、「寒冷地手当」という物も支給されており金額にばらつきもありますが大抵10万円前後が冬が初冬に1度だけ支給されるということもあります。

暖房器具によってメリットやデメリットが多彩。

一番暖かいと感じる暖房器具はやはり火が見えているもの。
灯油ストーブや薪ストーブでしょう。

基本的に煙突などで煙は外部へ逃がしていると思いますが、ポータブルストーブ等は換気が必要です。

※このような物です。
また煙突が付いていないタイプは灯油等に含まれている水蒸気が室内を巡りカビの原因となるため注意が必要です。
そう考えれば温水暖房などの方が室内の空気はきれいに保つことができますが、やはり熱量は前者と比べると低いと言われています。
節約も大事ですが、寒暖の差も凄く激しいため無理した環境は良くないでしょう。またコタツ等で寝る方もいらっしゃるようですが、体の水分が奪われて脱水などが起きる例も数多くありますので絶対にやめましょう。

節約ではなく、環境整備をしよう。

冬の間は暖房器具の節約ではなく、室内の温度を保つために様々な工夫を行いましょう。

やはり室内の温度を下げる一番原因としては隙間風です。

窓付近にホームセンター等で売っている隙間風防止器具や厚いカーテンを使用する。

これだけでもかなり室内の温度に差が出ると思います。

夏場はどのくらいの光熱費か?

我が家庭を基準とすると

オール電化で電気代と水道料を合わせてひと月約2万円前後となります。

これは、冬期間程温かいお湯を使わなくなる事や、暖房器具を使わなくなることによってコストを抑えられたという訳です。

オール電化ではない住宅になれば、電気・水道・ガス等のお金がかかってしまうため更に金額は高くなります。

このためオール電化は年間トータルをすると安くなる傾向にあると言えます。

10万円超えは大げさではない。

毎年一番寒くなる時期といえば2月と言われています。

つい最近でも「陸別町」という地域で-30度を観測しました。陸別町は日本一寒いと言われている地域であり毎年のように-30度を叩きだします。 この時期に限っては暖房機の使用頻度は更に高くなり我が家の光熱費も更に高くなります。

画像も見て頂けばわかると思いますが、1月時点での光熱費ですので今現在暖房器具の温度も上げているためきっと2月の光熱費も増すことでしょう。。。

北海道は生活費は高い。

都内では、家賃を始めその他の物価も高いと言われていますが比較的給料は高く設定されています。

北海道は全国的に見ても給料平均は低く、冬期間の暖房費用や車のタイヤ、寒冷地仕様、4WDが必須(2WDの人もいますけどね)などと考えると生活に欠かせない物にお金が必要となってきます。

さいごに・・

北海道は季節をよく感じることができる地域と言えるでしょう。

しかし「試される大地」というキャッチフレーズも聞いたことがありますがその通り過酷な天災にも多々遭遇します。

家計を少しでも豊かにするために、「節約」というものは必須だと考えますが、過度な節約は体調を崩す可能性も大いに考慮しなければなりません。

都内でも昨年夏、30度超えの日が連日続き、死亡事故も多数発生しました。 無理のない程度に環境に合わせた適応が重要だということがよくわかるきっかけになったのではないでしょうか。

これから少しずつ暖かくなってくると思いますが、雪国の皆さんは屋根から落ちてくる雪であったり、道路環境が悪いため転倒や通勤等における交通事故などに気を付けながら日々を過ごしていきましょう。
ではでは!

コメント