帯広インデアンカレーは安いし鍋持参でお得。他カレー店撤退続出

北海道限定

北海道観光情報です。

今回は「帯広」地域にあります。ソウルフード「インデアン」についてです。

地元民や近郊の方であれば、誰しもが知っている店でありますが、全道的・全国的に見ればまだまだ知名度は低いのかもしれません。

その理由として「インデアン」は、帯広管内(釧路にも店舗出来ましたが)にしか存在していないために行く機会がない方は認知されてないでしょう。

過去に北海道の「札幌」に出店依頼もあったという噂でしたが、作り手がレシピを教えたくないということから出店しなかったという話もあります。

インデアン」について詳しく見ていきましょう。

インデアンカレーがある場所

<帯広地域>
東5条店
札内店
西18条店
西21条店
まちなか店
長崎屋店
MEGAドン・キホーテ 西帯広店
芽室店
みなみ野店
音更店

<釧路地域>
愛国店
あさひ町店

インデアンカレーのメニュー

<お持ち帰りメニュー>

 

<店内メニュー>

メニューは全部で7種類。トッピングは5つあります。
注目してほしいところは、メニューによってルーが違う所です。

・インデアンルー
・野菜ルー
・ベーシックルー

辛さも普通から激辛まで価格が変わらず提供してくれるのはありがたいですね!ちなみにそれでも辛さが足りない方にはこんなスパイスもあります。

私も使用してみましたが、全然味は損なわないのに辛さだけが倍増されます。注意書きもされていますが本当にかけすぎには注意が必要です。

さらに無料で漬物も食べれます。

地元民は鍋持参が当たり前

お持ち帰りメニューの画像に書いてありますが(見づらいかも)

ご自宅のお鍋をお持ちください。大歓迎いたします。」と記載されています。カレーは何人かで食べる事も多いかと思いますのでこのように記載してくれるのはとてもありがたいですね。

ちなみに、店内でお持ち帰りを頼むと容器代54円(税込)がかかります。

インデアンカレーは安いし美味い 撤退店続出

メニューの画像を見て頂けばわかると思いますが、大手チェーン店のカレー屋と比べても半額に近い価格で提供されています。

安くて美味いので大手チェーンのカレー屋さんも撤退する事態にもなりました。それほどまでに圧倒的人気店の「インデアン」なのです。

なぜ帯広近郊のみの出店なのか

冒頭にも記載しましたが、「インデアン」のレシピを教えたくないという理由が濃厚なようです。きっとこの先も帯広に来てほしいという理由やレシピ上の問題もあり各地に出店はしないでしょう。

インデアンカレーのデメリットは?

唯一1つだけのデメリットがあります。

それは「インデアン」店舗に入ると、スパイスの匂いが服に付くので「インデアン食べた?」とバレてしまうことです(笑)

帯広民はインデアンが当たり前の存在のため、休憩で食べたでしょー!と笑い話になります(笑)

実際にインデアンカレーを食べてみた。

何度も食べていますが、日によって若干味や辛さが異なります。
がっかりするような味違いはありません。

「インデアン」のお皿は銀色というのが特徴的。
今回食べたのは「インデアンカレー 大辛」

何度食べても飽きが来ないぐらい美味しいです。
私自身、持参した鍋で食べたことがありますが朝・昼・晩と全てインデアンを食べたこともありますよ(笑)

さいごに・・

実は私も「インデアンカレー」を知ったのは5年程前の話です。

帯広に行く機会は何度かありましたが、「豚丼」「六花亭」「クランベリー」などと有名どころばかりでカレー屋さんが地元で有名なんて全く知らなかったのです。

でも1度食べただけでファンになってしまいました。
ですので帯広に行く際は必ず食べて帰ります。

大手チェーンが撤退するほど人気なインデアン。
ぜひ帯広方向に遊びに行く際は食べてみてくださいね!では!

コメント

  1. 東京でブログ書いてる道民 より:

    インデアンカレー美味しいですよね(^^)
    僕も数年前に帯広に旅行した時に食べました!
    今は北海道を離れていますが、帰った時はまた食べに行きたいですね!