ジムニー5ドアロング発売の噂 

2018年7月に新型ジムニーが発売したばかりですが、現在も納車待ちが続く大ヒットを繰り広げています。

そんな中、ツイッターを中心に「5ドアジムニー」の噂が広がっています。

その噂の発端が新型ジムニー発表会の場で鈴木俊宏社長自ら、5ドアの可能性について「まずは3ドアでいきますが、おいおい市場の声も聞きながら検討していきたい」という発言をしたからであります。

はたしてこの「」が本当に実現するのでしょうか。
売れ行きとネットユーザーの声を見ていくと期待は大きいと言えます。

5ドアならボディサイズも拡大

軽自動車登録の「ジムニー」は5ドアにした所で、居住空間も狭くてメリットもさほどない。 もちろん5ドアのメリットとすれば、後部座席の居住空間を広くする目的もある訳だから、全長やホイールベースも長くする必要がある。そうなれば軽自動車登録でもなくなるという訳だ。

これを聞くと、他の車種で良いという風に発言する人も多くいたが、やはりジムニーが好きで5ドアに乗りたいという意見も絶えなかったのである(独自ツイッター調べ)

ここまでジムニーに定着するという理由には、外観の良さやジムニーのイメージというものが大いに関係している。

ただし、5ドアロングボディとなってくると、小回りや車体重量の上昇により、走行機能は低下してしまうことは考えておきたい。

しかしジムニーというブランド力はとても強く、車の性能よりも「お洒落」や「可愛い」という「デザイン重視」に選ぶ人も絶えないのが現実である。

価格帯の予想

ロングが発売するならば「シエラ」との比較が良いでしょう
現在発売されている「ジムニーシエラ」のJL 5MT

これが一番安い価格帯でありますが、「5ドアロングボディー」であれば最低200万円台~というのが私の予想。

ちなみに、シエラは総排気量 1.460ccでありますが、ロングとなればこれ以上に排気量も上げる可能性も十分にあります。そうなれば予想価格よりもさらに高くなる予想もしておきます。

5ドアロング?ライバルが続出する枠へ

ジムニーの注目された部分としては、軽自動車(シエラ除く)なのに、ラダーフレームを使用し本格的なSUVというイメージが強く爆発的なヒットを成し遂げた車です。

これが5ドアで全長が大きくなると、他のSUVと変わりないのではないか?という意見も出てきます。たしかにその通りなのかもしれません。

ですが、前述でも話した通りジムニーの「デザイン性」はとても強く、車体が大きくなっても絶対に売れるであろうという意見が強くなったからこそ、この「噂」も拡大していったのだと考えられます。

はたして需要はあるのか?

スズキ自動車には「クロスビー」や「ハスラー」といった軽自動車枠での5ドア商品が発売されている。

ジムニーとは、走行性能や使い勝手の違いからまったくの別の立ち位置に立っているが売れ行きも上々。

しかし、ジムニーの設計上今の形での5ドアは不可能であるため「ロング」という形にするしかない訳である。

ただ、価格帯が上がることや5ドアにすることで軽自動車の枠から外れライバルが多い枠に進出することで果たして売れ行きはどうなるのかも注目である。

個人的な感想

もちろん私自身、ジムニーを購入しようと考えたことが何回もありますが、小さい子供がいる場合3ドアでは、チャイルドシートなどの装着や乗り降りも悪くファミリーカーには適さないという理由で諦めてしまいました。

かねてから5ドアになってくれたら良いのに・・と思っていましたがネット上でも同じ意見を持っている人が山ほど居たため現実化してほしいと考えております。

ただ、実際に発売してみて値段が予想以上に高かったり、居住空間がそこまで広くなかったり・・・などと考えると、違うSUVに軍配が上がってしまうため、ここは慎重に考えてほしい部分でもあると思います。

さて、今後のSUZUKI自動車の動向には要注目です!
それでは!

コメント