真冬での釣り 雪が降っていても釣りはできる

釣り

釣り」といえば暖かい時期に行うもの。

そんなイメージが付いていますよね。

普通に考えて冬は寒いし、釣り支度をするのにも相当な釣り好きじゃないと「億劫だしやりたくない」と思うと思います。

※嘘だと思うかもしれませんが、北海道でも冬は雪があるのに年中釣りを楽しんでいる人もいます。ツイッター等で調べてみると良いでしょう。

そういう訳で今回は冬釣りについてブログにしていきたいと思います。

冬に魚が釣れにくい理由

まず初めに、暖かい時期と比べるとなぜ魚が釣れにくいのか解説したいと思います。

答えは簡単ですが、海中は暖かい時期と比べると水温も下がり人間と同じように魚も動きたくなくなります。

もちろん魚もお腹が減るので、食べ物を探しに行動する時間帯はありますが、暖かい時期と比べると動作も少なくお腹も減りにくくなっているのです。

陸地や浅い海では釣れにくい。

陸地に近い場所や浅い海は水温の低下が起こりやすいと言われています。
漁師もそこら辺で沢山取れるならそうしていますよね。

この理由としては冬はプランクトンも沖に避難するため、魚も一緒になって沖へ移動します。

※寒くて食べる物があまりない場所に魚が寄り付く訳がないですよね!

冬でも釣れる確率を上げるには?

前述でも話した通り冬での天敵は「水温」です。

一般的に、早朝や夕暮れ時なんかが「フィーバータイム」ともいわれますが、水温が下がっていれば活動も少ないです。

冬の場合は気温が高い日に行うことや排水が行われている河口付近などは温水が混じりやすく釣果がグッとアップします。

また沖に目掛けて投げることにより食いつきもアップことでしょう。

防寒対策はしっかり

釣りに夢中になりすぎて体調を崩してしまっては元も子もないです。

竿立てを買って投げたら車等で暖気をしましょう。もちろんHITした時にわかるように鈴や発光アクセサリーなどは必須です。

実は冬の魚は大きい

これは冬釣りのメリットかもしれませんね。

冬の間、魚は活動量が減るため大きな魚が釣れる事が珍しくありません。

ツイッター等で検索するとわかりやすいかと思いますが、かなりの大物を釣っている人がいます(ツイッターは最新情報をゲットできるので便利ですねー)

また、川の魚が海に流れてきたりするので、真冬にしか釣れないような魚も沢山います。

ぜひ寒さ対策と落下を十分に注意して冬のアウトドアや釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか! ではでは!

 

 

 

コメント