Kindle Unlimitedの解説と利便性を紹介

商品レビュー

本日はAmazonの「Kindle Unlimited」についてご紹介します。

Kindle Unlimitedについて

Kindle Unlimited」の意味としてAmazonの電子書籍が電子書籍リーダー(キンドル)でUnlimitedする。つまり「無制限」に読めるというサービスになっています。

料金は?

月額980円で書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上がお手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、
Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで読み放題になります。

入会特典

初回30日間無料 30日以内の解約であれば料金はかかりません。
読書好きの方は試しに1度登録して気に入った本などがなければすぐ解約するという手段もあります。

無料なのに登録しないのは勿体なさすぎますね!!
まずは登録だけでもしてみましょう。

Kindle Unlimited会員登録

どんな本が読めるのか?

Kindle Unlimitedでは、Amazonで売られているすべての商品が読める訳ではありません。

無料あるいは月額980円で加入している期間の間、読まれた数に応じてAmazonが出版社にマネーを払う仕組みとなっていますので比較的新しい書籍はKindle Unlimitedに含まれていない可能性があります。

しかし、過去に発売された有名な書籍などは読める物が多いため最新作以外の本を数多く読みたい方はお勧めかもしれません。

使ってみた感想

私は本好きなのでかなり重宝しています。
本屋で1冊買えば大抵「980円以上」する値段は多いもの。

しかしKindle Unlimitedであれば何冊読んでも980円で済んでしまうことから大変お得といえます。

今や誰もが「スマホ」を利用している時代ですので、単行本のようにかさばらなく全てデーター化できることで便利といえます。

デメリットは?

正直見つかりません。

月額980円という安さなので2冊以上読めれば確実に元は取れますしどうしてもデメリットを上げろと言われるのなら最新作がなかなか登場しないぐらいでしょうか?

まあ、最新作も980円で読めるとなれば本屋さんは潰れてしまいますね・・・

お勧めのタブレッドは?

間違いなくこの商品です。

Kindle Paperwhite 電子書籍リーダー | Amazon.co.jp
数千冊がこの1台に。これまでのKindle Paperwhiteの中で最も薄く、最も軽い。防水機能搭載(IPX8等級)。ベゼルがフラットになったモダンなデザイン。紙のように読みやすいE Inkディスプレイ。目に優しく、明るい陽射しの下でもまぶしくない。一度の充電で数週間利用可能。

※値段がどうしても高いということであればリンクページの下部に旧作版もあります。

 

Kindle Paperwhite (Newモデル)はダウンロードした本はオフラインでも見れ紙のように読みやすい。
そしてなんといっても防水機能がついているので入浴しながらでも見る事ができますし、タップするだけでわからない言葉を検索したりwikipediaに接続することもできます。

バッテリーも1度の充電で数週間持ちますので数日の旅行や丸1日読んでいても充電がなくなるということはほぼありません。

さいごに・・・

Kindle Unlimitedの無料体験サービスはいつ終了になるのかわかりません。

何度も言いますが30日以内なら追加料金もかかりませんし、もし気に入れば月額980円で読める非常に便利なサービスです。

ちなみに2019年1月4日までに登録するとプライム会員なら299円で利用することができますので検討している方はお早めにどうぞ!ではでは!

Kindle Unlimited会員登録

 

 

コメント