結婚をすると好きな車に乗れない!?結婚を機に買い変える車とは?

ブログ

私のブログでは度々アウトドアに見栄えをするような車の紹介をしていますが実際の所 所有している車は大きく異なります。

本当は、ランクル・・ジムニー・・などと本格的なオフロード車に乗りたいのですが、維持費や燃費、ジムニーに至っては狭い事がネックとなりファミリーカーには向いていないからです。

結局ファミリーカーに向いている車は室内空間が広い車

選ぶ答えはこれになります。

子供がいる家庭はよくご存知かと思いますが、背の低い車は子供をチャイルドシートに乗せる時に腰が痛くなります。また背の高い車はスライドドアが多く、ワンタッチでドアが開放されるのも嬉しい機能ですね。

子供が多少大きくなって自分で乗り込めるようになれれば背の低い車でも良いかもしれませんが、大きい車の最大のメリットとしては車内空間が広い事により圧迫感がなくなることです。

※背の高い車とは「車高が高い」という意味ではなく、「室内空間が広い」ということを表しています。

 

家庭を持っていても本格オフロード車に乗っている人はいる。

もちろん人それぞれですので、ファミリーカーとしてジムニーを所有している人もいるようです。

これは単にジムニーが心の底から好きっていう人もいれば、車高が高い車だから雪道なども安全と考える人もいるようです。

ネットでの口コミを見てみると・・・

セカンドシートは狭いけど、子供が乗る分には大丈夫。

チャイルドシートへ乗せ降りさせるのは、バックドアから乗せる。

背の高い車は子供が乗り降りする時に危険。もし降りる時に踏み外したりしてそのまま転んだら危険だけど、必ず親が子供を見守れば大丈夫ね。

などという見解がありました。

アウトドア向けならジムニーは厳しいけど、ランクル的なものならOK?

男性に比べると女性は車の知識が少ない人が多いです。

どうしても「ジムニーに乗りたい!」といっても、「狭いし使いにくいからそんな趣味車はダメよ!」と猛反対される可能性が高いです。

しかし、今流行りのSUVやランクルなどと名前を出すと「カッコイイじゃない!それいいんじゃないの?」と答えが帰ってくる事もあります。

そういわれたからと言って勢いよく「ランクルを新車で買いました!」と言っても、家計を圧迫するのでは本末転倒ですね・・・

結婚する前とした後では使えるお金は限られている。

年収が高くても、貧乏という人は沢山います。

その理由として

年収が高いから高いマイホームを契約した。

高い車を買って残債を支払っている。

自分の子供に習い事や高い学資保険などをかけている。

生活水準が高い生活を送っている。

などが考えられます。

人間は不思議な物で、手元に多額のお金があれば全て貯金ということはせずに、半分は好きに使って半分は貯金に回そうなどと考えますが、結局お金が沢山あればあるほど、節約ということを忘れ大きくお金を使ってしまうことが多いのです。

また1人暮らしなら、ご飯を食べなかったり一日中電気や水道を使用しないなどという究極の手段を使って貯金などをすることもできますが、家庭をもっていたらそんなことは絶対にできません。 ましてや子供にご飯を与えなかったり暗闇で過ごさせるなんてありえない話ですからね。

そのように家庭を支える大黒柱になる人が自分はどうしても高級車に乗りたい!と言っても乗れない要因が多すぎてあきらめざるを得ないことがあります。

好きな車を乗れるのは独身まで。(一部例外はあります)

独身であれば少々高額な買物をしても無駄な出費をしなければ一般的にいう少々高いものでも手が届くでしょう。

オフロード車などは維持費も高いし、結婚してからでは家計を圧迫すると考えるのであればお金の自由が利く独身時代に買うことがおすすめです。 特にランクルなどは頑丈な作りになっているためすぐに壊れるということもなさそうですし、結婚を機に売却するとなってもリセールバリューが良いこともおすすめなのです。

独身時代からミニバンが好きで「アルファード ヴェルファイア」などとミニバンでも高級な車を買うのは良いことでしょう。

だって、結婚してからでも用途はバッチリですからね!!

私が選ぶ 結婚を機に車を買い変えて家計を圧迫しない車とは

ベスト3 ホンダ フリード

燃費もそこそこよく、ミニバンよりは少々小柄ですが本体価格や乗車人数室内空間を考えるとファミリー層にはベストチョイスと考えます。

 

ベスト2 トヨタ シエンタ

ハイブリッド車も販売しており小柄だけど7人乗りと大活躍
ガソリン車でもカタログ値は20.2を示しており経済的にも魅力的

 

ベスト1 ホンダ N-BOX

軽自動車とはいえども、セカンドシートの広さはピカイチ。
維持費も安いし、町乗りであれば最高の相棒でしょう。

 

ぜひ結婚を機に車を買い変える人などは参考にしてみてください!では!

コメント