日本で最も売れている車とは?HONDA N-BOXはなぜ売れているのか?

日本車のカテゴリー別売れ行きランキングを見ると最も販売比率が
多いのは「軽自動車」となっています。

過去軽自動車はあまり流行ではなかったのですが、時代と共に販売比率が急激に上昇してきました。

その中でも、「ホンダ N-BOX」が一人勝ち状態となっています。

 軽自動車のメリットとは何なのか?

・維持費が安い。
・小回りが利く
・細い道でも通れる
・高速料金が安い
ざっとこんなものが思い浮かびます。
日本は海外と比べて速度制限も多くあり道幅も広くはないので軽自動車で十分ではないかという考えが多くなってきているようです。
ただ高速道路や坂道では加速能力が不十分なため「ターボ車」を買う人が多いという営業マンからの情報です。

便利すぎる軽自動車も発売??

最近ではホンダから「N-VAN」という車が発売になりかなり話題となりましたね。
この車はオールフラットにできることで、荷物をより多く運ぶことができることが最大の特徴。今流行りの「車中泊」も容易にできてしまうということから爆売れしているようです。
今後この車も上位売れ行きランキングに入っていくことも間違いないでしょう。

なぜ一人勝ち状態??売れてるN-BOXの特徴

軽自動車にも数多くの車種がありますがなぜこの車種の売れ行きが止まらないのでしょうか。私なりに分析してみます。
・デザイン
・スライドドア
・室内が広い
・椅子を簡単に畳める
・安全機能が多い
・ブランド力
軽自動車は「セカンドカー」として使っています。という人も多いと思いますが「メインカー」として活躍できるぐらいの便利さを兼ね備えています。
現に私の家にもN-BOXを備えていますが、子供を乗り降りさせたり背の高い荷物なんかを運ぶ時には、メインカー(ステーションワゴン)より使い勝手は良いです。(荷物の量はもちろんメインカーの方が入る)
やはり子育て世代にはスライドドアは便利ですし、室内が広い方がなにかと楽です。 対抗車種は様々ありますがやはりブランド力やデザインからウケたのではないかと思います。
対抗車種も多いが、ここはブランド力が勝るHONDAの影響か!? しかし乗ってみてわかったHONDAの親切装備
HONDAには、安全を考慮した装備が盛り込まれています。
助手席側に巻き込み防止ミラー、見えにくい左下を映してくれるミラー。
そしてバックの際にルームミラーを見ると後方上部に下部を反射させて映し出すミラーが備えられています(説明が下手でごめんね)
あとは、後部座席にサンシェードもついています。これは直射日光を避けるために大変便利。
また、片手で後部座席を跳ね上げたり折りたたむ機能があるため荷物を車内に運ぶ時には大変便利です。
他社の車しか乗ったことがない私はHONDAの親切心ってすごいなぁと感心してしまいました。
全てのグレードを調査した訳ではないので、もしかしたらついていないグレードもあるとは思いますが(うちにあるN-BOXも低グレードのためきっと他のグレードも付いているでしょう・・・)HONDAの心意気が伝わってきます。

見栄なんか張らなくても軽自動車で十分!!

私の知り合いではこう語る人が数多くいます。
たしかに、車を「見栄」で買っている人も多いようです。
実際大きい車だと駐車も大変だし、維持費も高い。
滅多に大人数を乗せる機会もないのならそんなことにお金をかけず違うものにお金をかけた方が良い。という意見もありました。

意外と高い?リセールバリュー

実は軽自動車の人気車種はリセールバリューだって高いのです。
これは多くの国内市場に支えられているため値落ちがしにくいと言われています。

特に「ターボ車」は値落ち割合は低いようです。

 

今の時代、軽自動車の新車価格も当たり前のように「200万円」を超える時代となってきていますが維持費は乗用車と比べると安いし、リセールバリューも良いので総合的なコストパフォーマンスはとても良いでしょう。

これが軽自動車の魅力と年々増加する理由だと考えます。

 

便利だけどやっぱり非力さはある。 乗車人数も4人までだしもう少しお金を出せるならコンパクトミニバンが◎
非力さは我慢するしかありません。ミニバンは所有できないけど軽自動車より少し大きい物が良いと考える子育て世代はコンパクトミニバンがお勧めですよ。

さいごに・・

車には様々なカテゴリーがあります。 もちろん上位に入っている車はブランド力だけではなく絶対に万人受けするメリットがあります。カタログだけでは確認ができない場合は思い切って試乗しに行ってみましょう。
それでは!
スポンサーリンク
自由人をフォローする
スポンサーリンク
ナースの自由帳

コメント