OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

YOUTUBE アウトドア ブログ

新型ジムニー発売へ


FavoriteLoadingお気に入りに追加




2018年7月5日

待望の新型ジムニー4代目が発売解禁となりました!

公式ホームページでも公開されています。

新型ジムニー

価格:145万8,000円〜184万1,400万円

年間国内販売目標台数:15,000台

現在では、注文が殺到。 納車まで3カ月。遅ければ半年待ちもありえるとの情報があります。

以前から噂されていた通り、ラダーフレーム。 四角いボディでの販売です。

IMG_4506

IMG_4510

ジムニーに関しては、発売前より心待ちにしていた方が多かったと思います。なにしろ20年もデザインが変わらないというのは凄すぎますからね。

そしてこれを機に、フルモデルチェンジ情報を知らなかった人達がCMなどを見て、「カッコイイ」や「カワイイ」という感情が湧きスズキに現物車を見に行くという話も聞きます。

この勢いであれば、年間の目標台数には届く勢いではないでしょうか。

新型ジムニーのスペック

R06A型 658cc 直3 DOHC インタークーラーターボ
最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm
最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3,500rpm
トランスミッション:4AT/ 5MT
駆動方式:4WD(パートタイム4WD搭載)
乗員:4人
車両重量:1,040kg(4AT)1,030kg(5MT)
WLTCモード燃費:13.2 km/L (4AT)16.2km/L (5MT)

新型のデメリット

過去のモデルと比較すると、色んな機能やデザインが増し価格が向上。良くも悪くも、現代車とは言えない見た目と燃費

2ドアのため後部座席に人を乗せるには不便(過去モデルも同様)

軽自動車の中では、維持費が高い(タイヤや燃費など)

新型になって良くなったところ

過去と比べると燃費の向上

デュアルセンサーブレーキサポート搭載(XC標準)

ボディーカラーの豊富さ 新開発ラダーフレームによる振動の軽減

見た目がベンツのCクラスと似ており、カッコ良い。

災害時にも頼れる存在。

全体的な評価は買い!

ジムニーの人気は海外にまで及んでおります。

日本では、悪路を走る機会などほぼないと思いますが、海外では、悪路が多い道をすんなりと走れる車の需要が高いのです。

ここ最近日本では水害や地震などの悪いニュースが多いですが、そんな時でも小回りが利いて、背の高い車のジムニーの見せ場でもあります。

正直燃費が悪かったりする部分はありますが、過去モデルと比べればしっかりと向上しており、今後マイルドハイブリッド車が出るという噂も出ています。

もしこれが発売されるとなればきっと燃費も格段に向上するでしょう。

ジムニーの一番の人気はなんといっても、デザインです。

他の車にはない、小柄でごつごつした強そうなイメージ。乗っているだけでお洒落感満載ですね。気分はアウトドアです。

新型ジムニーのイメージ色は?

車にはイメージ色というのがありますよね。

私が思いつくものであれば、日産のエクストレイルは赤

ランクルなら白 スバルの車なら全体的に青のイメージなどなど!

※個人的な意見ですけどね・・・・

 

今回のジムニーで強くイメージが付いている色といえばこれ

jimny_2018_9481s

キネティックイエローというようです。

さてどんな色が人気色になるのかも注目です。

きっと納車されて8月頭ぐらいからは沢山の新型ジムニーを見れることになるのではないでしょうか。

私が買うのならこんな色がいいなぁ。

20180703_jimny6-1

im0000005109-1280x1081

では、最後にYOUTUBEに試乗インプレッションしている方が動画を上げていましたので一緒にご覧ください!

動画を見ていたらほしくなってしまいますね!欲しい方は早めの予約をしたほうがよさそうですよ! ではでは!








-YOUTUBE, アウトドア, ブログ,