雑学 車のフォグランプの正しい使い方とは?

豆知識

フォグランプって無意識につかっていると思いますが、その本当の意味はご存知でしたか?

ふぉぐらんぷ

フォグランプのフォグの意味とは?

 

フォグとは「霧」という意味であり濃霧が発生している時に視界が見えやすくするために使うランプという風にいわれています。

フォグランプは上下を照らす効果を少なくして左右を照らす幅が多く出来ています。これが濃霧の時に効果を発揮する理由です。

視界が見えないからとハイビームなどにしても、水分の反射によって視界が見えないという経験がありませんか?そんな時にフォグランプを使うのが有効です。

フォグランプは黄色? 白?どちらが有効?

一昔前までは黄色い(淡黄色)のライトが使われることが多かったのですが、現在では白いライトが使われていることが多いようです。

その理由として、現在はランプの性能が良くなってきており、色がついたランプは距離感がつかみにくいという理由で白が増えてきたようです。

ちなみに・・・

本来は赤い色が一番効果的と言われていたようですが、ブレーキランプやパトランプと色が同じなため混乱してしまうため、黄色が使われるようになったようです。

フォグランプの正しい使い方

濃霧以外の時でも、狭い道路や田舎道ではフォグランプは有効です。

フォグランプは左右の幅を照らす効果があるので、車幅がわかりにくい時や、雪道などにも有効となるでしょう。

ただ、本当に理由としては自分の存在をアピールする(車を見えやすくする)効果のためにあるランプのため、無駄に明るいライトをつけたり、乱雑な使用は厳禁です。

ではでは!

コメント