OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

ニュース ブログ

コインチェックの危機から転機へ?


FavoriteLoadingお気に入りに追加




先日仮想通貨の記事を書いたばかりでしたが、さっそく大きな事件が起きてしまいましたね。

20170228-300x196

 

コインチェックで取り扱っていた「NEM」が580億円相当のハッキングにあったとの記者会見がありました 事件は1月26日に起き夜間帯から東京都渋谷区にあるコインチェックに報道陣や投資家が集結 23時30分に記者会見に至った訳です。

 

個人的ではありますが、私もコインチェックを利用していましたしNEMの保持はなかったものの、被害額からして倒産してしまうのではないか? 入金した金額がもう二度と戻らないのではないかと心配を抱き、Abema TVでやっていた中継を生で見させてもらいました。

 

コインチェックの代表取締役は若干27歳であり、会見場に入ってきた瞬間には、半べそをかいているような表情に見えてとても心配になる雰囲気でした。

記者会見のほとんどは取締役が受け答えを行い、「なぜ代表取締役ではなく取締役がほとんど答えているのでしょうか?」的な報道陣の質問からは「代表取締役は技術担当で取締役は会見に応じるという方針であった」とのような回答。

その他の記者からの質問に対しては、ほとんど検討中。 これから考える次第です。などと内容を明らかにしないような受け答えばかりで一向に回答がわからないような内容でした。(まあ弁護士からも確信が持てないことは言わないようにと言われているのでしょうが。。)

中には強気で回答を求める報道陣も居てきっとコインチェックを介して仮想通貨を購入していたんではないか・・と思えるような人物もいるように思えました。

 

しかし若干27歳の代表取締役はインターネットの情報によると、17歳で会社を経営したとのことで、相当頭がキレる人物なのは確か。この若さでこれだけの日本経済に関わる仕事を行っているという意味では尊敬できる部分ではないでしょうか。

 

仮想通貨は必ずしも得をするものではなくリスクがあるということは皆知って行っているとは思いますが、管理している側に大きなトラブルが起きて財産がなくなると考えればあたかも、「詐欺」と訴える人もいます。まあ盗まれたから詐欺ではないのですがね・・・

 

以前同じような事例で、4年前にマウントゴックスという会社では465億円分のトラブルが発生し、倒産してしまったということがありました。

 

そう考えると、「これは利用者に返却できるような金額ではない・・」

「もう終わった・・・・」

などと、ツイッター上ではどよめきの声が多々ありました。

 

しかしこのニュースを見てください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00050006-yom-soci

ヤフーニュースより引用

 

時期は未定ではあるが、円にして返金。しかも自己資金で

 

とてもすごいです・・・・

 

それだけコインチェックは儲けているのでしょう・・・・

 

NEM財団やホワイトハッカーはハッキングした人物を特定するのに追跡作業を行い、コインチェックは顧客の信頼を取り戻すために自己資金で返金予定。

 

これは、NEMの評価も上がるし、コインチェックはセキュルティーをもっと強化して再出発することでもう1度始めからスタートを切ることができるでしょう。

 

そして、今回の事件を通して仮想通貨の全体の金額が下がっている今がチャンスととらえるべきなプラス思考の方もいるようです。(それほど仮想通貨が今後に影響するという考えなのでしょう。)

今後の見通しは不明ではありますが、まだ仮想通貨も注目されたばかり。

被害額は大きいけれども・・・・失敗があるからこそ成功するはずです。

今後の仮想通貨業界にはもっと注目をしていきたいと思います。

※仮想通貨は余暇資金で行うものです。 必ず稼げるという保証はなく今回のように色んなトラブルが起き、一気にお金がなくなる場合もあります。

注目されているから安心。という感覚での購入は大変危険ですので、自己責任で行うようにしましょう。。。







-ニュース, ブログ