OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

ブログ 豆知識

ロウソク出せ


FavoriteLoadingお気に入りに追加




ロウソク出せ」とは七夕に行われる子供の行事。

7/7 もしくは 地域によっては 8/7に行われるようです。

内容としては、子供チームがご近所に突撃し、お菓子をもらったりロウソクをもらう。 もしなにも渡すものがなければお菓子を買うお小遣いとしてお金をあげるというのが一般的なようです。

 

YOUTUBEから抜粋

 

実は北海道に住んでいながら小さいころやったころもないし、家に来られた経験もありません。

 

だからといってはなんですが、このようなイベントのことは全くかんがえておりませんでした。

 

その日のことをちょっとお話しさせていただきます。

 

突然の訪問

 

8月7日の夕方 仕事から帰ってくるとインターホーンがなりました。

カメラを見ると、5人組の男の子が突然「ロウソク出せ出せよ~♪」と歌っているではありませんか。歌い終わったあとはずっと沈黙。

咄嗟のことだったので私の頭は「?」状態でした。

 

「ちょっと待ってねー」なんて言いながら頭を整理し、この日のためにはなんの準備もしていなかったため家に余っているお菓子を人数分差し上げました。

 

すると、「お礼の前に一斉に紙袋からお菓子を取り出し子供同士で配り合いが始まったのです。 私はドアを開けたままで子供達の視線はお菓子のみ。

とてもがっかりで、「じゃあね。」と言ってドアを閉めました。

 

子供の拡散力は凄い。

 

妻と一緒に「びっくりしたねー」などと話をしていたらまたインターホーンがなりました。

 

すると5人組の女の子グループが立っていました。

 

念のために「はい?」と返答をしますが、無言で「うふふふ」のみ。

 

またか・・・・

 

と思いながらせっかく来てくれたこともあるので「ちょっとまってねー。。」と言いつつまたお菓子を探して持って行ってあげました。

 

すると今回も同様。 ドアを開けた瞬間にお菓子に釘づけ。

「なにこれ?これ誰に?」

 

などと言っているので、「皆で仲良く分けて食べるんだよ!じゃあね!」

 

と告げ、ドアを閉めました。

 

2Fから子供達を見ると、色んな家にも続けていってインターホーンをならしまくっている状態でした(笑)

 

その後もインターホーンが何回かなりましたが、さすがにキリがないので切り上げましたが、家の前には数十人のグループが出来ていました。

 

子供の拡散力は恐ろしい。。

 

 

必ず親が付くべき

 

後から調べると、この「ローソク出せ」は現在ではやってはいけないという決まり事にしているところも多いようです。

 

一昔前までは、近所同士で仲良くする文化が多かったですが現在はあまり世間とは関わらない住宅が増えているよう。

 

そんな中で、学校内では近所の迷惑になるため禁止と説明している先生もいるとか。  もしやるとしても、親御さんが必ず付いてお詫びを入れながら回るのが現在の流れのよう。

 

常識は守ろう!

 

私自身子供は大好きですが、やはり人から何か貰うという行為があるならお礼の一言ぐらいは言える子供でなければ歓迎はできません。

 

「行ったら必ずくれる。 あの人達はもらえたから自分達ももらえる。」

 

そんな感覚でやられるととても困ってしまいます。。

 

今の時代は、お菓子1つあげるにしても「どこの家からもらったの?あの人の家からもらったものを食べたから具合が悪くなったんじゃないの?なにしてくれてるのあの家は!!」

 

なんて不評をしてくる人もいるぐらいです。

 

イベントをするのであれば、しっかりと事前に教えてくれたり保護者が付いてするべきであろう。

 

みなさんも気を付けてくださいね(笑)








-ブログ, 豆知識