増毛の釣りポイント

アウトドア




2017年6月14日~15日にかけて増毛にて夜釣りをしました。

増毛に関する過去ブログはこちらから!

 

当初釣りに行く予定もしていなかったため、用意はジグヘッドとワームのみ。まぁいつもと同じか・・・(笑)

 

旭川~増毛までの行き方

旭川から増毛までは通常深川~留萌までのインターを使用しますが今回は工事中(6月16日まで)のため、多度志経由で向かい2時間弱ぐらいで到着しました。

 

多度志は、ドリフトの聖地と言ってもおかしくないほどに路面にタイヤ跡が付いています。また毎年が出ることで有名。そして鹿キツネタヌキなどもしょっちゅう出るので走る時は注意が必要です^^;

 

今の時期は何が釣れる?

先月釣りに行った友達に聞くと、「イカの群れが居たからもしかしたら今もいるかもね?」とのこと。

 

他ブログ等の情報では、ホッケが上がっているという情報がありました。

増毛の釣りポイント1

以前ブログを書いた際、写真を乗せると沢山人が集まっては困ると書きましたが、正直私のブログはそこまで影響力もなさそうですし、毎回行く度に人が集まっている場所なので問題ないと理由でアップします。

 

まず、増毛の坂を下りて右手に大きな船がある場所を通り抜け道なりに行くと右に緩やかなカーブがあります。 そこから2本目を右折するとプレハブが見えてくると思います。

プレハブの横には、夜であればきっと船が置いてあり周りを照らすように光が付いているでしょう。

 

IMG_3742

光があるおかげでこの下で糸を結べるし怖い思いをしないで済みます(笑)

 

ここの場所では下を覗きこむと、大量の魚が泳いでいるのがすぐにわかると思います。 大きさは小さいですがね・・・

去年はこの場所で彷徨って来た鮭をお目にかかることも出来たし、過去ブログで出てきたイカ釣りおっちゃんにイカをもらった場所でもあります。

 

そんな好都合の場所で、釣りスタート!

 

 

今度はソイ名人が登場??

毎回第1投目で当たりが来るこの場所ですが、やけに魚が警戒しています。

 

ソイ・ガヤ・ホッケ・小さなサバ?

 

餌に近寄ってくるのがはっきり見えるのに全然食いついてくれません。

 

するとそこへ・・・・

 

「釣れてますか?」・・・と声をかけてくれたおじちゃん。

 

「いやぁ。魚は見えるんですけどね。なかなか食いついてくれないですわー。」

 

「そうかーどれー。おっ釣れたよ」

 

投げて数秒でソイを釣っていました。 しかも20cm弱ほどのなかなか美味しそうなサイズ。

 

「いいサイズですねー」

 

 

いやいや、これはリリースだよ。 おじさんは30cm以上じゃないと持って帰らないからさ。 見る?」と車に戻ってクーラーボックスを持ってきてくれました。

 

 

!!!!!!

 

IMG_3746

 

これは・・・・ここまで大きいソイ初めてみました・・・

 

写真じゃ伝わらないかもしれないですがパンパンに膨らんでいておおよそ35cm程あるのではないでしょうか・・

クーラーボックスの横幅にぴったり収まっています。。

 

おじちゃんは、何気ない顔で釣ったと話して居たのでこのぐらいのサイズは当たり前なのでしょう。

 

また私たちと違ったのは、ワームが一回り大きかったこと。

その理由を聞くと、「大きい物を釣りたいからね。理に適っているでしょ?」と話されていましたが、ワームを大きくするのであれば針も大きくしないといけないと思うので、小さい物でもひっかがればいいや的な考えの人や大きい魚が居ない場所であれば釣れる可能性もグッと下がりますね。

 

いやーしかし素晴らしいですね。次は私も大きな針とワームを付けてやってみよう。

 

その後、釣りポイント1では、光があるしのほほんとできる環境なので2時間程度やりソイ・ガヤなどを釣りあげましたがミニサイズばかり。

 

そのため釣りポイント2へ向かうこととしました。

 

釣りポイント2

釣りポイント2は大きなサイズが釣れることは知っていたのですが、少々危険な場所で風も吹くのであまり好んでは行きません。 必ず行く際はライフジャケットを付けましょう。

 

ポイント2までの行き方は、再び増毛本線へ戻り道右に曲がります。 するとすぐに左手に増毛市場が現れ右折すると増毛漁港が見えてきます。

 

そのまま一番奥まで直進していくと行き止まりになりますのでそこに車を置きます。

 

向かって左手には灯台。 右手側には海の上にズラッと伸びた道があります。裏にはテトラポットが沢山。

 

1つずつ紹介しますね。

 

灯台がある場所

ここはかなりの危険ゾーンです。 真っ暗闇の中 自分で登って目的地までたどり着かなければなりません。ライトは必須です。 またなかなか高い場所なのでここから落ちたらきっとライフジャケットをつけていてもすぐに海に流されて命はないでしょう。。

下に降りる場所が1か所だけありますが、大人1人分ぐらいのスペースしかありません。 それ以外の人は高い位置から投げるのでしょうけど、魚がかかったとしてもすくい上げるのにも大変な場所なのであまりお勧めはしません。

 

右側の道

あのような、海の上に伸びた道ってなんて呼ぶのでしょう?誰か教えてください(笑)

 

ここはポイント2の場所ではオーソドックスともいえる場所です。

 

ただポイント1と比べると両側に海があり潮風がモロに来るので体感温度的には寒くなるので十分注意する必要があります。

 

また朝方になると、鳥が大量に集まってきて釣った魚を狙って来たり、糞をしたりするので結構気にする人にとっては嫌な場所かもですね^^;

 

ここではこれが釣れました。

IMG_3747

20cm後半ぐらいですかねー。ソイ名人のサイズには及ばないです!!!

 

やっすいちょい投げ竿でやっていたので、ものすごい引きでぶっこ抜きができずに、最後は友人が糸を素手で引っ張ってくれて引き上げました(笑)

 

テトラポットがある場所

ここもなかなかの危険度です。

IMG_3751

 

やはり釣りが大好きな人は大きい物を釣りたいと無我夢中になって侵入してしまうようですが、テトラポットに落ちて亡くなったり大怪我をしたり、波にさらわれるなんて話もよく聞きます。できるなら行かない方が身のためでしょう。。

 

結論

やっぱり無理はよくないです。

 

釣りの楽しみ方って人それぞれだと思いますが大きい魚を釣りたいという欲が強いならば船に乗って釣るのが一番です。

危険を冒してまで大物を狙うぐらいなら少々高いお金を出してスーパーで買いましょう^^;

 

僕のおすすめはポイント1でのんびり釣ること。 ここにはそこそこサイズの魚もいるし、時期に合致すればイカだって釣れます。 光もあって安全です(笑)

 

平日なのに、のんびり釣りなんて贅沢だったなぁ。

最近歳を取るごとに景色が綺麗ってより一層思うようになりました。

 

今って朝の3時ごろから明るくなってくるんだねー。

 

IMG_3749

IMG_3752

IMG_3753

 

では皆さん楽しい釣りライフを! 見かけたらぜひご一緒にやりましょう^^







コメント