OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

ブログ 北海道限定 育児 豆知識

飲食店の方へ


FavoriteLoadingお気に入りに追加




飲食店の方にお願いがあってブログを書くことにしました。

IMG_0335

 

わたしくごとですが、子供を連れ家族で外食する機会が多々あります。

 

しかし外食する際に利用する場所は基本的に同じ店。

 

なぜだかピンと来た方や同じ境遇の方はいらっしゃいますか?

 

その理由を話させていただきます。

 

同じ店を利用する理由とは・・・?

あの店が美味しくてリピートしたいから!という理由ではありません。。。

 

子供が小学生以上ぐらいになると意思疎通を図ることができるのである程度面倒はかかりませんが、特に幼児~幼稚園児にとっては、ある程度の環境がないと親も安心して食事をすることができません。

 

私達家族は、人間ですから食べたい物を欲が出ることがありますがなかなかその場に連れていくことができず、我慢をするか自宅で創作するかの選択肢となってしまいます。

 

ある程度の環境って・・・?

特に新生児~幼児に至っては意思疎通を図ることができず、身体機能も発達していないため、固定具がついていない椅子に座ることはできません。

また子供は痛いとか危ないという危機管理能力がないために事故を起こす可能性が極めて高い状態となっています。

 

ですので、環境が整っていない場所は必然的に候補から離れてしまいます。

 

ベビーカーを使用したら?

自分達で購入したベビーカーを持ち込んで食事をできるなら行います。

しかし、隣との席の幅が狭い場所、ベビーカーが邪魔になる環境、混雑している場所はいけません。 茣蓙の席や掘りごたつなどの店も結局ベビーカーから子供を出し子供の面倒を見ることになりますが、子供が突然動きだしたりして事故の可能性が高いため、片方の親が子供をあやしている間にもう1人が食べるということがスタンスになります。

これって結構重労働です。

 

早く食べないといけないし、味わって食べることもできない。 ここまでするならこの店にこなければ良かったとまだ思ってしまうこともあります。。。

それにこの場合だとベビーカーはとっても無意味。むしろ邪魔になってしまいます。

 

どういう環境なら嬉しいか?

私たちがよく食事を行う場所は某有名デパートなどにあるフードコートの利用です。

これだとベビーカーを持ち歩かなくても店に貸し出し用があるし子供が居ても大丈夫なスペースも確保されておりとても便利です。

 

しかし個人店では、そこまでの敷居を用意できなかったりもするのが当然かと思います。

 

でも、できない。で終わらせないで欲しいのです。

 

商売というプロなのですからそこはお客がどんな相手だったとしても気持ちよく食べれる環境を整えてほしいのです。

 

「子供ってかわいいよね。 めんこいね~。 あら!人懐っこい!」

そんな声をよくかけてくれるけど、結局環境が整っていないところでそんなことを言われると「なにも考えてくれていないんだな」と腹立たしい気持ちにすらなります。

 

外食をする際はインターネットを確認してから。

私たちが外食する際は極力インターネットを見てから出掛けるようにしています。

なぜなら、店の中の環境を知ることや、貸し出しベビーカーがあるか。もしくはベビー用の椅子(固定具付)の物があるか。などを確認するようにしています。

しかし大概のお店はインターネットを見ても、この事項を書いていないお店が少なすぎます。

せっかくインターネットで情報を見れる環境なのだからこの辺りは親切に記載してほしいものです。

 

結論

上記で色々な経験を書かせてもらいました。

結論どうしたら良いのかを書かせていただきたいと思います。

 

①インターネットに子供を連れて行っても安心して食べれることを記載してほしい(ベビーカーを貸し出ししているか。ベビーチェアーがあるか。(固定具有か無しかも必須) テーブル席なのか茣蓙席なのか。②子供連れが来店したら、子供が安全に座ったり居座れる環境を整えてほしい(椅子の設置や子供が手にとってしまいそうなものを排除するなど)③できるなら他のお客さんに迷惑にならない席に誘導をしてほしい。④飲食店内での喫煙場所は独立・もしくは店外にしてほしい。

 

飲食店は美味しい料理を作るために力を全力に注いでいると思いますが、こういった配慮があることで子供がいる家庭には入りやすい環境を作ることができ集客も増やすことができるのではないでしょうか。

 

店が狭い。子供用品を揃える金額がない。子供がいる人は来なければ良い。 子供対象の店ではない。 

 

大体そんなことを思っている店なんて絶対に良い店には成長しないと思いますよ。

 

特に、温泉街やホテルなどにも言えることです。意外と子供向けに整っている環境はとっても少なかったりして残念です。。。

 

ばんぼ

Bambo

 

このような商品が置いてあるお店などもあってとても助かった経験もありました。

 

今まででとても嬉しかったこと。

これは余談になります。

 

家族で札幌旅行に行った時のことでした。

 

当時子供は6カ月程度。 やっと寝返りや、つかまり立ちが少しできる程度の状態でした。

 

妻も育休期間で何かと慣れない家事などを行ってストレスが溜まっていた頃ではなかったかなと思います。

そんな時に、1泊しながら気分転換でもしようと考えていましたが、なかなか宿泊施設も値段が高く要望にあった場所を探すことができませんでした。

 

子供が産まれたということは初めての3人での宿泊です。

 

セミダブルやツインベッドとなると子供を寝かせるにも大変で、もしかしたら寝返りを打った時にベッドから落ちてしまう危険性だってあります。

 

でも、床で寝るとしても和室を選択しなければいけません。

一般的に和室の部屋は洋室よりも値段が張ります。

 

でも、しょうがない。 気分転換だし・・・

 

そんな気持ちでホテルに予約をして、念のために備考欄に用事がいます。できれば子供が寝やすい環境で。と一言添えさせてもらいました。

すると、当日。

 

和室の部屋が空いてましたので手配させていただきます。と。

 

!!!!!!!

 

値段も洋室の値段のまま。しかも禁煙部屋。

 

なんて最高なんだ・・・・

 

そう思いました。

 

当時泊まったホテルの名前ですが・・

 

旧ラッソライフステージホテル

 

現在→WBF札幌大通り

 

という場所です。

ライフステージ

和室

ホームページアドレス

https://www.hotelwbf.com/sapporo-odori/

 

今まで色んなホテルや温泉街などにも泊まらせていただきましたが、職員の対応も素晴らしいですしなにより親切な場所でした。 また札幌に泊まる時には絶対利用したい場所です。

 

こんな良いことがあればとても嬉しい気持ちになりますね。

妻も喜んでいました。

 

子供ってとても可愛い。 だけど言動だけなら誰でも言えます。 やはり行動に移したり、考えているコンセプトや工夫などを表出することをしなければ相手には伝わりません。

 

子育て家庭に良い施設や環境がもっともっと増えることを祈っています。

 

この記事が良いと思った方ぜひ拡散して頂けると嬉しく思います。

 

ブログ下にある各SNSリンクから共有して頂けましたら少しでも、宿泊施設、飲食店、子育て家族にとって知ってもらえる機会が増えますのでぜひお願い致します!

 

ではでは!








-ブログ, 北海道限定, 育児, 豆知識