釣った魚ってどうしてる?川の魚って食べれるの?

ブログ




釣りって子供から大人まで楽しめる遊びですよね~。

でも釣りをしたことがない人は・・・・

 

「魚って気持ち悪い・・」「それ食べるの?」 「釣れないのになんで楽しいの?」

 

など文句を言ってきます(笑)

 

釣りには大きく分けて川釣りと海釣りがあります。

 

僕は海釣りが好きです。

 

 

 

なんでかって・・・?

 

 

 

そりゃ食べたいからですよ!!

 

 

川の魚は食べれないの?

 

いや・・食べれない訳ではないけど食べる気にならない。

 

 

なんで?

 

汚さそうだから。

 

 

海だって汚いじゃん。。

 

 

(´・ω・`)しょぼん・・・

 

 

釣りが好きな人は釣る行為だけで満足する人が多くいます。

あのビクビクっとくる感じと、捕ったぞ!という喜びが最高に楽しいと笑顔で語る人もいます。

 

その気持ち凄くわかります。

 

 

でも貧乏性の僕はそれを持ち帰って食べないと損した気分になります(笑)

 

 

たしかに海も川も綺麗な水とは言えません。

 

でも川の魚って小さいニジマス・ヤマメなどであれば串焼きにして食べますけど、さすがに刺身にして食べようとは思いませんよね・・・?

 

 

でも海なら小物より大物を釣りたい気持ちになり大物を釣った時にはすぐ刺身にして食べたくなりますよね。

 

 

なぜなのでしょう?(笑)

 

川の魚は食べれない?その理由とは・・・

答えは、川には多くの寄生虫がいるからです。

 

川に落ちてきた虫やコケや藻も食べています。

川魚の寄生虫は火に通したり凍らせる(家庭用の冷凍庫では不十分) ことをしないと寄生虫は死にません。

そのような対処をしないと最悪重篤な状態になることもあります。

海の魚はなぜ食べれる?

川にいる寄生虫と海にいる寄生虫は種類が違うのです。

 

簡単に説明しますが、川にいる寄生虫は哺乳類に宿ることができ万が一食べてしまえが、人間の体の中で育ってしまいます。

しかし、海にいる寄生虫は万が一、体に入ったとしても魚の体内でしか生きられないので人間が食べても人間に宿ることはないそうです。(アニサキスは違いますよ。。。)

 

釣ることだけが好きな人には関係ないかもしれませんが、釣って食べたい人にとっては覚えておかなければいけない内容です。

 

 

ちなみにですが、僕の経験上 川の魚は泥くさいというか川くさいというイメージが強いです。

 

僕は結構気にしてしまうタイプなので川で釣った魚はオイシイと感じてもどこかで、もう食べたくないな。と思ってしまうのです。。

 

だって川の中を歩いたら凄いヘドロが出てきたりゴミが溜まっていたりするんですもの。。。

 

もし食べる機会があるのなら注意してくださいね!

特に川釣りの場合は!!ではでは^^







コメント