アドセンス収入があるなら納税をしましょう。

ブログ





いまや本業だけでは収入が足りない!そんな気持ちで副収入を得ようとしている人達は沢山います。

有名なものでは、YOUTUBE収入・アドセンス収入・アフィリエイトが流行ではないでしょうか。

私も同様。

しかし意外と納税のことを知らないで始めて後々になって焦ってしまうというパターンでした。 きっとこれを見ているあなたもそんな思いでたどり着いたのではないでしょうか??

このことについて解説していきたいと思います。

アドセンスやアフィリエイト収入の所得が20万円以下の場合

所得額とは、収入から経費を除いた金額のことを指します。

経費とは、物事を行うために使ったお金。 教科書代や講演会などの費用などが一般的。 もちろん領収書が必要です。

例えばインターネットで稼いだ所得が30万円だったとし、経費が15万円だったとします。

30万円-15万円=15万円

この場合、確定申告の必要はないようです。
しかし、合計金額が30万円以上の場合だと確定申告の必要があります。

到底30万円には届かないから納税の義務はないよね?

いえ、あります!
実はここが意外と知られていないポイントなのです。。

少しでも副収入がある場合は、住民税申告が必要となってきます。

住民税とは、本業の給料明細などを見ると引かれているものですね。
これは、市町村によって値段が違うかと思います。

手続きをする場所は市町村役場です。

段々焦ってきましたか・・・・?

私も収益はたいしたことがないから別に申請なんてしなくてもどうってことないでしょうと思っていましたが、脱税をしていたら後々大変な目に会いますよ・・・

ちなみに、極端な話1円でも副収入ですからね・・・

住民税申告に必要なもの

住民税申告書(住民税申告の正式な提出書類)
収支内訳書(前年の収入明細や経費の明細など)
印鑑
源泉徴収票(給与所得などメインの会社の)

これが一般的になるようです。 各市町村によっても若干違いがあるかもしれませんので必ず確認をしてください。

ちなみに私が住んでいる地域では、今年度の収益は来年の2~3月ぐらいに申告をする仕組みになっていました。
またさかのぼって3年ほどの申告ができます。との回答をもらいました。

黙っていたらどうなるの?

最悪資産の差し押さえがあります。
また延滞金を請求され、とてつもない金額を払えと言われる可能性もあります。

過去7年間分をさかのぼって、あなたの通帳を税務署の職員が見て不正がないかを監視しています。 その時に、納税していないことがバレたら・・・

そんな恐ろしいことを考えたくもありませんので、必ず納税はしましょう。

一部こちらのサイト様を参考にさせていただきました。
僕のブログよりも数段にわかりやすいかと思います^^;
ぜひ、副収入がある方は必ず覚えておきましょうね!では。。







コメント