OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

アウトドア ブログ

アウトドアをするのにお金っていくらかかるの?


FavoriteLoadingお気に入りに追加




アウトドアとは・・・・?

アウトドア(outdoor)とは、屋外で行うスポーツ、レジャーの総称である。としています。

だからこの言葉の通りにいけば、外で遊ぶこと自体も立派なアウトドアなのです。そう考えたらお金も必要ないですよね・・・

ただ・・・一般的にアウトドアのイメージといえば・・・

テントを張ってバーベキューをしながら焚火をして釣りをして山菜取りをして捕った食材で料理をする。

そんなイメージはないですかね?(笑)

はっきり言ってそんなに充実したアウトドアスタイルをしている人は滅多にいないのではないでしょうか^^;

僕みたいな貧乏性人間が毎度そのようなことをしては、準備も大変だし金銭的に余裕もないのでこの考え方でいけば年に1回・・2回やるかどうかっていうレベルになってしまいます。

もちろん大人数で行く際は割り勘などをしておおいに楽しむことも必要ですが。。。

さてさて、話は戻りますが上記のようなことを過程しアウトドアとは実際にどれだけの物品が必要でおおよそどのくらいお金がかかるのかを個人的な意見中心で紹介したいと思います。

キャンプには絶対必要。 テントの種類や値段って?

キャンプには絶対必要って言いきってしまいましたが車中泊も立派なアウトドアスタイルだと僕は思います。
でもせっかくならテントで寝たいですよね。

有名なアウトドアブランドの店に行くと家族サイズで3万・4万・5万・・・それ以上などと大体3万円以上の物を目にすることが多いのではないでしょうか。

その有名なブランドってもしかして
・スノーピーク ・コールマン ・モンベル ・LOGOS  ・キャプテンスタッグなどではないでしょうか。

有名じゃないなんて言ったらとっても失礼に当たりますが僕はノースイーグルさんのテントを使わせてもらっています。
上手に紹介しているページがありましたのでリンクさせて頂きます。

こちらのブランドのテントはリーズナブルで耐久性もしっかりしています。そして設営も簡単にできて超おすすめのブランドとなっています。

テントの形についてはこちらのサイトがとてもわかりやすく解説しています。こちら。

僕がお勧めしているのは三角テント(ドーム型)です。

なぜなら簡単に設営ができ、寒い時期には天井に通気口があればポータブルストーブだって室内で焚くことができます。

以前友人とキャンプをした時に立てたテントがこちら

IMG_1758

なんか親子みたいで可愛いですね(笑)

友人は日中からアウトドアを開始していたらしいのですが、僕は用事があり夕方からテントの設置をしました。しかしながら左側にある小型ドームテントがわずか5分以内で設置できました。 右にあるテントは比較的でかいですが、構造は一緒なので真ん中にポールを張ってかぶせるだけですから比較的大きさにも関係なくすぐに作ることができます。
また単純な構造になっているので、持ち運びも便利。自転車のカゴに入る大きさまで収納できスペースもとらないのです。

他に何を買ったらよい?

正直これは用途としか答えることができません。
テントさえ買ったらあとはそのまま寝るのも良し、寝袋を買うのも良し。そのまましまうのも良し(笑)

焚火だって、料理だって石で囲いを作ってそこらへんにある木を集めて火をつけるだけで完成できます。

今の時代はとても便利でお金さえあれば用途に合わせた商品が沢山手に入ります。

管理人のオススメは?

僕が個人的におすすめしているのは、UNIFLAME ユニフレーム様から出ているファイヤーグリルです。

index

こちらの商品はフィールドを傷めることなく焚き火・ダッチオーブン・BBQなど、アウトドアでやってみたいことが手軽に楽しめます。リーズナブルながら、ハードな使用にも耐える高い強度と炉の熱変形を防ぐ確かな技術が詰まっています

テント・寝袋・ファイヤーグリル この3点セットがあればご飯を食べて寝ることは確保できます。

僕はよく1人キャンプの際をこの3点セットで行きます。

全てコンパクトに収納できる商品なので、買物カゴに入れて持ち運びができます。

あとは時間があるきに釣りをするのも良し、山菜採りをするのも良しといった流れですね。

ただ1つだけ気を付けてください。

もちろん持ち物がかさばらないことはとても良いことなのですが、キャンプするフィールドは小動物や時には熊などが出没します。

熊鈴や虫よけなどの安全対策も忘れずに行ってくださいね!ではでは!








-アウトドア, ブログ