マイホーム購入と永久賃貸 どちらがお得なのか。そして究極の裏技を使えばすぐにお金持ち

ブログ

どうも!ついに我が家もマイホーム購入することとなりましたよー。^^

購入するまでの過程と、どうして賃貸からマイホーム購入に至ったかまでの経緯を書いていこうと思います!のんびりお付き合いください。



 

賃貸のメリットとデメリット

 

賃貸はほとんどの人が一度は利用したことがあるのではないでしょうか?

賃貸のメリットはずばり老朽化したものを無償で交換してくれること。また物件の管理やリフォームを自力で行わなくて良いというところでしょうか。

故意の過失などで物件になんらかの損傷を与えなければ実質毎月定額料金で住むことができること。 オーナーにもよるがリフォームが必要な際には負担してくれるというメリットがあります。

 

逆にデメリットとしては、オーナーとうまが合わない、アパートやマンションの際に近隣住民の騒音や荷物置き場トラブル、駐車場などなど・・・・

 

私が以前書いたこちらのブログも反響がありましたね。

 


 

合わせてお読みください!^^

近隣住民とのトラブル わざとやってんじゃねーよ!!

 

大家と喧嘩 自分の家なのに入れないってことある?

 


 

 

僕が思う最大のデメリットは、永久支払いをしないといけないというところです。

 

自分が何歳まで生きているかわからないけど、万が一老後仕事ができなくなった時

収入は貯蓄と年金

年金の金額はとても低く。自分がもらえるという保証もない。

生活の質は下げたくないけれど、安い家賃でコストを下げていかない限り、将来暮らしていく貯蓄というものは溜まらないのが現実なのです。

 

マイホームのメリットとデメリット

 

賃貸とは違い、故意や老朽化に関わらず全部が自分負担です。

新築の場合は、10年間壊れても保証しますよーという保険もありますがそれ以上の年数は適用外。

毎月の支払が賃貸より安くなってラッキー!!なんて思う人もいるみたいですが長いローンを組むほど利子もつくし、下手すると老後にまで食い込む可能性もあります。これは避けなければいけません。

そして一般的に修繕費(リフォーム)も10年ごとぐらいが推奨されており、クロスや外壁、屋根などなどの予算も考えて貯蓄と支払いを行っていかなければいけません。

 

また年間固定資産税を払わなきゃいけないし・・・

 

これだけみれば、マイホームってやべーな!維持費半端ねー!!って思うと思いますが。。

 

実際に、10年ごとにリフォームしているお宅はいますかね?

大抵雨漏りした。壁に穴が開いた。などなどそんな理由で工事に至るという話しかなかなか

聞きませんよね(笑)

 

そして固定資産税だって坪にもよりますが、そこまで高くないと思いますよ。

新築物件・中古物件 それぞれに10年かけて年末調整にてお金がキャッシュバックされますのでその金額で固定資産税だって払えてしまいます。

 

マイホームって借金になるから怖いや。なにがあるかわからないし・・・と考えているうちに、買う機会を逃してしまう人が大半のようです。

 

なにかあるって離婚や病気、支払者の死去などでしょうか。

離婚は2人の問題なので太刀打ちはできませんが・・・特定疾患についての病気や亡くなった時には支払いをしなくて良いという通称 団信という保険もありますのであまり詳しく考える必要はないでしょう。。

 

マイホームのメリットとはしては

 

自分の持ち物になるため、騒音も気にしなくて良いし、土地の範囲であれば家庭菜園を作ってもいいし、荷物をその辺においといてもいいしなど贅沢に使えます。また賃貸よりは部屋数が多くなるというのもメリットの1つです。

 

どうでしょうか。マイホームを買う人にとっては少し参考になる内容になりますか??

 

もう少し皆さんが思う不安についても書きます。

 

一番怖いのは 支払いができない 破産ですよね。

もちろん無理な買物は絶対してはいけません。 今現在元気な状態で仕事を出来ていたとしてもそのうち働けなくなる日が必ずきます。 団信の特定疾患に含まれている病気なら保証されますが保証されていない疾患だった場合はどうしますか。

 

支払いができるうちに早く済ませ老後に入る前にもさらに貯蓄ができるのが理想です。

 

長いローンを組むと金利が上がるという話もしましたが、あらかじめローンを長く組み毎月の支払を安く済ませその分を貯金に回し繰り上げ返済をすることが一番効率がよいでしょう(車や自分自分が病気で入院する可能性もあるので、毎月の支払額は高すぎると後々困ります)

 

最強の方法!!これで老後お金持ち確定??

 

 

僕が最強だと思う方法は

 

超安い一軒家を購入し早い段階で支払いを済ませる!です。

 

するとどうでしょうか。家賃を返済したということは、毎月もらう給料の大半がおこづかいになるというわけです。それを全部貯金に回すのです。

 

家賃というものは、毎月の生活の中で一番高いものではないでしょうか。それがなくなることで家計がものすごく負担されます。

 

住宅ローンは最長でも35年までですよー。と言われていますが、20歳で買っても55歳。

30歳で買ったら65歳。 老後の貯蓄なんて全然できませんよね。。。。。

 

だから若いうちに安い物件を買って支払いを済ませ、給料の大半の貯蓄に回せば若いうちからお金持ちになれるのではないかという考え方です。

 

もちろん安い家には訳があります。 築年数が古かったり、土台が腐ってきていたりなど。

 

でもその物件を間に挟むだけのものと考えればどうでしょうか。

 

毎月の貯金額が増え新しく買う家の頭金として貯めておけば新築だってすぐに買えるかもしれませんね。毎月10万円貯金できたとしたら10年で1200万たまりますからね・・・

 

デメリットとしては、やはり家族をもっている人にとっては厳しい。生活の質が悪いため。

1人暮らし者にとってはかなり有力な作戦といえます。

 

まあ、究極の究極の方法といえば、実家に住んでお金を貯めることですがね(笑)

 

マイホームを考えている人は早い段階から動き出した方が間違いなく良いです。

 

ここに書いている意見は個人的な意見ですので、必ず成功するというやり方ではないことをご了承ください。

 

ちなみに、うちは新築は買えないので中古物件を購入しましたよー!

予算にあった買物をぜひ、自分の子供のため、家族のために買いましょう!

ではでは!^^





コメント