結婚式場であったトラブル。 職員をクビにしましたので・・・じゃないんだよ!!

ブログ

入籍をしたら次は結婚式!

女の人にとっては、一番輝けて嬉しい行事の一つではないでしょうか。

式場選びってとても大切

口コミであったり値段。職員の対応や式場のコンセプト。

人によって様々ですよね~。

私は、事情により1カ月で申し込みから結婚式に至った訳ですが

そこで起きたトラブルを紹介したいと思います。



 

式までの1か月間で行ったこと。

まずはプラン決め。 プランといってもオプションが様々あるので

基本料金からなにを減らして何をプラスしなければいけないか。

披露宴は行うのか、誰を呼ぶのか。食事はどうするかなど沢山の決め事をしなければいけません。

私は諸事情により身内しか呼ばなかったので披露宴は行わず、こじんまりと行うことにしました。

それでも沢山細かいことに時間がかかったのを思い出します。

その中でも一番神経質になるのは、やっぱりお金のこと。 なるべく安くなるのなら安い形でやって

2人の生活費に回したい。皆そう思いますよね。

プランナーは支配人だったのできっとうまいことやってくれるだろうそんな期待をしていました。

 

しかし・・・・・

 

対応が最悪。

支配人ということは、一番しっかりしていないといけない存在ですよね?

申し込みから1カ月間しかないということは、ものすごい勢いで色んなことを決めなきゃいけません。

ですので、僕も仕事帰りにヘトヘトの体で何度も何度も通いました。

 

支配人「え~っと・・・今日はなんの話でしたっけ?? あっそうでしたねーはいー!」

 

話の始まりはいつもこの下りから。 いやいや、昨日も来たでしょうが!!!と突っ込みたくなるところでしたが

我慢、我慢。

 

支配人「あーそういえばですね。無料で貸し出しできるって言ってたものですけど無料じゃなかったです。金額も間違ってましたー」

 

基本料金の値段や料金に含まれているオプションを理解していないからか、何度も値段のことや用意されるものが

できなくなったという言葉が頻回に聞かれるようになりました。

 

しまいに夜遅い時間に電話。 番号を見ると支配人から。

私「もしもし?」

支配人「あー鈴木さんですかー?今日言っていたことなんですけど~」

私「鈴木じゃないですけど」

支配人「あー間違えましたーガチャ」

 

次の日、話を煮詰めるために式場へ。

 

支配人「えーっと前の続きでしたっけ・・・なんの話でした?」

 

昨日の電話の謝罪もなし。適当な対応。 さすがに頭にきました。

 

私「あの、何度も来ているけどなんでちゃんとできないんですか?前はできるって言ったのに、後からできないとか間違っていたっていわれたってこっちの計画も狂ってくるんですけど」

 

さすがに同じようなミスが続いていたために、少し文句を言ってみました。

 

支配人「色んな人がいるもので把握できていなくてすみません。気を付けますねー」

 

たいして気持ちがこもっていなさそうな謝罪。

でも、結婚式だけの付き合いだし式がきちんと出来ればいいっか。

もう支配人のいうことは信用しないことにして式がうまく行われることだけに集中しました。



 

式の最終打ち合わせ。

いよいよ明日結婚式。最終確認のために式場へ。

 

支配人「そういえば父母さん側はなにも持ち物いらないってお話ししていましたが、実はこの5~6点必要になってくるんですよー。値段もかからないって言ってたけどかかりますからー」

 

私「なんで明日結婚式なのに今ごろ言うの?2人の両親は違うところに住んでいるんだから今更言われたってもう準備できない。元はといえばそっちがいらないって言ったし値段がかからないって言ったからでしょ?そっちのミスでしょ。」

 

支配人「では、サービスでこちらの料金かからないようにしますので・・・・では明日10時にお待ちしています」

 

サービスじゃねーーーだろが馬鹿かっ!!!

 

頭に血がカーーーッと登りました。

 

結婚式当日にも最大の事件が・・・・

 

両親が式場に到着。予定時間の30分前には会場入りしていたのに時間になっても呼ばれない。

 

「おっそいね~。どうしたんだろ。ちょっと聞いてみなよー」

 

式場「え~っと・・・今時間が押していまして11時すぎにお呼びしますね~」

 

いくら忙しいからって、普通は式場側から少々遅れますので・・・って言ってくるのが筋じゃないですかね。

支配人が甘いとスタッフも皆 教育されていないのかな。

 

そんな形で予定時刻。

 

着付けスタッフ「いやー今日は忙しくって時間押しているから早くやるよ。はい服全部脱いで」

写真も取るために着付けスタッフが焦っています。

挨拶もなしにいきなり服を全部脱げってどんな神経をしているのだ?

しかも、人が沢山通りかかる場所でドアも開放しっぱなし。 色んな人が出入りする場所でもありました。

時間も押していたためしょうがなく指示された通りに。。

 

着付けスタッフ「着替えのあとはすぐに式が始まるから。この私物自分の控室に持っていって。ここ預かる場所ないから」

僕の財布、時計、携帯などをボンっと僕にまとめて渡されました。

私は着付けをされているため体を曲げることができないし、足は下駄を履いている。

そんな状況で控室に持っていけって。 着替える前に言わないか普通??

そしてここで最大の事件が発生しました。

 

荷物が沢山あった事と歩きにくい服装だったため

ガチャーーーーーン!!!!!!!

 

妻からもらった大切な時計が壊れてしまいました。

落としたのは俺だけど・・・・いや着付けスタッフのせいだ。。。

そう思ってしまいました。

 

式自体は、色々と心配な部分があったけど、順調に終わり身内だけの食事会。

 

身内だけだったため、のんびりと和やかに会話も弾んでいましたが

出てくる料理がとてつもなく辛い。 若い僕達でもヒーヒーいうのに、自分達の親なんかが

食べれるはずもない。 結局残してしまいました。

 

この怒りは収まらない。許さん!

 

結婚式を無事にあげさせてもらったことには感謝したい。

だけど、対応がとても最悪だった。

式が終わったあとに、本社からアンケート用紙が届いたため、ブログに書いた一連の流れを書いた。

 

 

2か月後・・・

 

ピンポーン

 

インターホーンには、見覚えのある顔が映っていました。

 

支配人「先日は大変申し訳ないことをしたみたいで申し訳ありませんでした。なんか時計を壊してしまったみたいで・・・どうしたらいいかと思いまして。。。着付けのスタッフは他の人からもクレームが来ていたのでクビという形にしましたので・・・」

 

私「申し訳ないことをしたみたいで・・って。。。というか時計の修理代がほしいなんて言っている訳ではない。今回のことでものすごく印象が悪くなりました。他の人からもクレームが来ていたからクビなんてそんな話しらん。俺達の結婚式はもう終わったんだからその人がクビになったかどうかなんて全く関係ない。 知り合いには絶対におすすめしたくない式場だ。」

と伝えました。

 

本当に謝り方も気分が悪いですね。

今回式場選びは、親が自分達の結婚式のためにと積み立てをしてくれていたみたいなので必然的にそこに決まりました。

どうか選択肢がある方は、式場選びはとても重要なことなので僕の体験談のようにならないように慎重に決めてくださいね。

大変なことばかり書いてありますがこれは全て事実です。

本当は式場の名前も出してやりたいぐらいですけどね!!



コメント