OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

ブログ 筋トレ

筋トレをしてから変わったこと。筋トレを辞めると変わること。


FavoriteLoadingお気に入りに追加



筋トレを初めて約半年。ですが今現在は育児のために休止状態となっています。

筋トレを始めたきっかけは、腰の怪我をしたことが原因で、ある程度筋肉をつけておかないと

将来歩けなるかもしれない。と考えジムにも通いだしたのがきっかけでした。

そこで実際にやってみた体験談を話したいと思います。

 

筋トレをしてから変わったこと。

筋トレをする理由は人それぞれですよね。

僕は、説明でも書きましたが怪我が原因のリハビリ目的からの継続ですが

一般的に

・男だからもっとカッコイイ体になりたい。
・貧弱な男にみられたくない。
・筋肉があった方がモテると思う。
・だらしない体が嫌。
・スポーツをしてるから体を鍛えなきゃいけない。

などが思いつきます。まず、筋トレをするには目標を持つことが重要なカギです。

カテゴリーから筋トレの項目を読んで頂ければ筋トレの雰囲気を感じて頂くことができる
思いますが、筋トレというのは、正直楽しいと思ってやるものではないかもしれません。

どちらかというと、辛い。という気持ちの方が辛いです(笑)

その代わり、頑張った分 体に変化が出てくるため継続して続けなきゃ体が元に戻ってしまう!!!という

麻薬的な反応が発動してしまうと思います。

 

実際にジムに通わなくても腕立てと腹筋だけずっとやっていれば体作りをできるかもしれませんが

正直ジムにある機械を使わない限り、一部の場所しか筋肉をつけれないのはたしかでしょう。

体に効果的に変化を出したい場合は、自宅にトレーニング機材がないと厳しいかもしれません。

 

話は少しそれましたが・・・・

実際に筋トレを半年ほどやった効果としましては。

・筋トレをする前に力の入れ方がわからなかった箇所に力を入れることができるようになった。
・胸筋が動くようになった。
・筋肉の回復が早くなり、疲労感がすぐにとれるようになった。
・代謝が良くなった。
・お腹がへっこんだ。
・体が大きくなったと周りに言われるようになった。

このような効果を実感することができました。

もっと真剣にやるのなら、食事制限などもする必要があると思いますが

僕はボディビルダーやフィジーク選手を目指している訳ではないのでそこまではやりません。

ただ一番良かったと思うのは、筋トレをすることで以前まではすぐに腰が痛くなっていたのに

筋トレを始めたことで痛みが軽減されました。

また体がデカくなった。厳密には肩周りや腕が太くなり今まで着ていた服から筋肉がついているように

見えるようになったと言われるようになりました。



 

筋トレを辞めて変わったこと。

 

完全にやめた訳ではないですが、しばらく筋トレは休止中です。

筋トレを休んで約2週間ぐらいでしょうか。腕周りの張りや、筋トレをするようになってから

力を入れる箇所を知った場所が自分自身で弱くなったと感じます。

週に最低でも1回はジムに行っていましたが、その頃は常に体の筋肉が張っていて筋肉の神経伝達が出来ていると

感じるようなところがありましたが、休止期間が長くなるにつれ伝達が悪くなってきたと感じています。

また体を鏡でみると、少しは締まっていた部分の張がとれ弱くなった印象があります。

筋トレをやめると全部水の泡??

長い間筋トレをしていた場合は、そう簡単には筋肉は落ちないみたいです。

でも、人間は不必要としているものを排除する働きがあるために、使っていない筋肉は分解されてしまうという

作用があります。

 

わかりやすい例でいうと。

老人の方が、肺炎などで1週間寝たきりになり、回復した後に普段通り立とうと思ったら立てなくっていた。

もしくは立てたとしても、うまく力が入らずふらふらするようになってしまった。

たったの一週間で!?と思いますが、老人は筋トレしているわけではないので、最低限歩く力ぐらいしか普段の

生活では使わないはずです。 それを一週間歩かずに寝たきりになっていたら、どうでしょうか。

長年、歩いていたので筋肉はまだあると思いますが、やはりトレーニングをしていない体では

筋肉の伝達も悪いというわけです。

ポイントは筋肉の減少ではなく、筋肉の神経伝達です。

筋トレとは、いかに神経伝達を鍛えて、筋肉をつけることができるかがポイントとなります。

ですので、重い物ばっかり持っていればすぐに効果が出る!という訳ではなく神経系にうまく刺激を与えれるかが

ポイントとなります。

 

結果的に・・・

 

色々、話がごっちゃになってしまいましたが、結局のところ筋肉はすぐに減らなくても

神経伝達の反応が悪くなり、持てていた重量が持てなくなったり、うまく発揮ができなくなってしまうということです。

筋肉だけを見せつけたいのなら、脂質を減らした食事をすれば簡単に某CMのように見せることができます。

筋トレを初めてから、脂肪より筋肉のほうが重いので、体重は徐々に上がります。そして筋トレをやめると脂肪に代わるため

体重も徐々に落ちるはずです。

だけど鏡で自分の体をみたら一瞬でわかります。体重が痩せたにも関わらず、体重があった時の体のほうが締まってカッコ良かったと(笑) だから筋トレをする人は、やめれずに定期的に続けているわけですね。




-ブログ, 筋トレ