OUTDOOR LIFE

アウトドアや筋トレ 北海道情報などについてご紹介しています!!

アウトドア ブログ マウンテンバイク 豆知識

自転車の豆知識 買うときや譲ってもらう時に気を付けることは??


FavoriteLoadingお気に入りに追加



今は世間では着々と自転車ブームが話題となってきています。

ロードバイク クロスバイク マウンテンバイク ファットバイク ママチャリなどなど1度は聞いてことがある名前だと
思いますが、共通して気を付けないといけないことを説明したいと思います。

 

IMG_1892

 

自転車を買う際に気を付けること

 

とりあえず走れればなんでもいいやー。 ちょっとまってください!
それではきっと後悔しますよ! 僕が体験したことを書きますのでぜひ参考にしてください!

 

 

1 値段

 

店によって値段は様々です。 気にいったメーカーや自転車の種類を決めたらなるべく多くの店を回りましょう。
僕がお勧めしたいのは、大量に在庫を抱えているため、安く購入ができるネットです。
ですが、賛否両論もあります。下記にメリットとデメリットを書いてみました。
できることなら実際に目で見て確かめてネットで検索するのが良いかもしれませんね。

 

メリット

そこらへんに売っているより格安で買える。
購入のついでにおまけが付いてくる場合が多い
自分がほしい自転車をすぐに見つけられ、一番安く買えるサイトを見つけるのが楽。

デメリット

商品を生で見ていないと乗り心地や細部の情報がわからない。
届いたら自分で組み立てをしないといけない。
もし何らかの事情で返品する場合は手間がかかる。
なにかわからないことがあればすぐに聞けない。

 

金額のことだけを考えたら絶対にネット。
だけど、少し値は張るけど手間を考えたらそこら辺の自転車屋で買う方が絶対良い。

 

2、どんな素材か?

自転車=カッコよさ

これで購入する人は多いと思いますが、いろんな自転車を試乗するようにしましょう。

きっと、この自転車軽い! これは重い・・・・などと感覚が全然違う自転車に巡り合うと思います。

その理由はフレーム素材にあります。

 

スチール

一般的にママチャリに使われています。これは重さがあって頑丈です。しかしながら安い素材のため
錆びやすいという特徴もあります。 (数千円~2万円程度)

 

アルミ

比較的に軽くて頑丈 ポピュラーな金属でありコストや強度に一番適している素材といえます。
(数万円~数十万円)

 

カーボン

とても軽くて非常に値段が高い。(数十万円~数百万円)

 

 

・3 使い勝手

スペースをとらない折り畳みが良いのか? スピードが出るロードバイクが良い?それとも荷物を積めるママチャリ?

あなたが選ぶ基準はどれでしょうか?

 

まずは1、2を参考に値段と素材を重点的に考えましょう。



ちなみに、ロードバイクなのにスチール素材でタイヤがものすごく細いアンバランスな商品も出回っています。

自転車のことを知らない人は見た目だけで、「これは細いタイヤだからスピードを出せる自転車だ!」と勘違いしてしまいます。

 

これはおすすめしません。

 

ママチャリならスチールでかまいませんが、早く走るために作られている形状が重い素材で出来ていたらどうでしょうか?
漕ぐ力も必要だし、タイヤに負担がかかりすぎてパンクする可能性だって大いにあります。騙されないようにしましょう。

 

 

以前僕が以前失敗した例ですが

マウンテンバイクをネットで自転車を購入し、曲がる際にフロントタイヤが足に擦ってしまうしまうという残念なことが起きました。
これはスチールフレームであり、漕ぐのも物凄く大変で新しい自転車に変えた途端ものすごく軽くてびっくりした記憶があります。

ですので生で見て試乗は必ずした方がいいです。 旋回などする際に足にぶつかってしまっては大変な事故につながる可能性も
ありますね。。。。

 

4.各自転車の利点

 

様々な自転車に種類がありますが、全て素材は違ってきます。値段が高ければ良いという訳ではありませんので
簡単に使い勝手について良い面を紹介します。

 

ロードバイク・クロスバイク

基本的に早く走ることを目的に考えているもの。 値段は比較的に高いかもしれないがスピードはかなり出る。
ただタイヤが細いため、砂利道や段差には注意が必要。

マウンテンバイク

悪路を走るには最適。 タイヤが太いためちょっとの段差や荒い走りをしてもそう簡単にはパンクはしない。
ただロードバイクなどに比べるとタイヤが太い分遅い。

 

ママチャリ

一般的なチャリ。 カゴがついていることで見た目を気にしなければ買物には最強の自転車。
散歩程度ならいいが、素材も重いため休日のツーリングには不向き。(探せばアルミフレーム製もありますが)

 

ファットバイク

最近流行っているみたいですね。 ビーチクルーザーとも似ていますがタイヤがものすごく太くて乗っていれば
超目立ちます。 エンジンがついていない自転車。バイクの自転車版といえばわかりやすいかな?

 

折り畳み自転車

スペースをとらない。 比較的安い値段で買える。 持ち運びもできる。とても万能です。
ですがタイヤが小さいため、沢山漕がないと前に進まないのが難点です(笑)

 

5.最終ポイント

 

・値段
・軽さ
・タイヤの大きさ
・使う頻度と使う場所

 

この4点が重要だと考えます。

タイヤについては触れていませんでしたが、もちろん細くて大きいほうが前に進む力はあります。
ですが、タイヤが足に当たってしまうなんてことはもっての他ですので何度もいいますが試乗は必ずしましょう。

 

長く乗りたいのなら初めから少し良いものを買いましょう。 僕が大人になってから初めて買った自転車は1年で手放しました。
自転車も捨てるのにはお金がかかる時代です。 リサイクルショップで引き取ってくれれば良いですが、引き取ってくれなかった場合は
自分の力で捨てないといけません。 ご友人などにもらう際もよく考えてもらいましょう!




-アウトドア, ブログ, マウンテンバイク, 豆知識