ふるさと納税が問題になりつつある!?

ニュース




★ふるさと納税とは?

日本個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体都道府県市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。   Wikipediaより引用

 

説明を聞いてもどういう事かわからないぞ!?と思う方も
沢山いると思います。

 

★簡単に説明するとすれば・・・・

自分が貢献したいと思う地域にお金を寄付してそのお礼にお礼の品をもらえると考えるのがもっともわかりやすいのではないでしょうか??

そして、寄付金のち2000円を除く金額が控除でき
実質2000円で特産品がもらえるというわけです。

例・・・5000円を払えば差し引いた3000円が控除

しかし、実際の控除の目安は住民税の1割程度で
住民税が10万だとした1万円が目安。
収入によっても限度額が変わってくる。

★メリット

・その地域の特産品がもらえる。
・値段よりも良い品がもらえることがある。
・控除があることで気軽に寄付できる

★デメリット

・もはや寄付ではなく商品を安く手に入れるために
お金を入れてしまっている。

・商品が届く時期がいつかわからない。

・もらった商品を転売する可能性もある。

(メリット・デメリットは個人の意見です)

 

そんなことから政府では

ふるさと納税について話し合いが始まっているようです。

 

一方で、自治体間の競争が過熱し、商品券や転売可能な家電製品を返礼品とする自治体があることについては、「いかがなものかなと思う」と苦言を呈した

Yahooニュースより引用
あなたならどうしますか?



コメント